箱根駅伝2023予選会の順位予想/注目選手/テレビ放送・ライブ配信は?

10月15日(土)、東京都立川市の陸上自衛隊駐屯地にて、第99回箱根駅伝予選会が開催されます。

過去2回はコロナの影響で周回コースとなっていましたが、今年はなんと市街地のコースが復活!

なつかしい箱根予選会が帰ってきます。

箱根予選会は上位10人の合計タイムで競われ、上位10校が本戦出場の切符を手に入れます。

歓声とため息が入り混じる結果発表の瞬間も見逃せません。

今回は箱根駅伝2023予選会のスタート時間や、テレビ・ライブ配信、出場校をご紹介し、最後に順位予想もしています。

箱根駅伝2023予選会のスタート時間

2022年10月15日(土) 9:35 スタートです。

>>>公式サイト

箱根駅伝2023予選会のテレビ・ライブ配信

地上波

日テレ系列(関東ローカル+山梨・岩手・宮城・福島・長野・静岡・愛媛・鹿児島)にて、2022年10月15日(土) 9:25〜11:25に、生中継されます。※山梨県のみ9:30~11:25

ライブ配信

TVerにてライブ配信があります。10月15日(土)午前9時25分頃(スタート)~結果発表まで。

これで関東圏以外の人も観戦できそうですね。

>>無料で視聴できます

BS

BS日テレにて2021年10月15日(土) 19:00から録画放送されます。

CS

CS放送の日テレG+にて下記の関連番組が放送されます。出典

  • 10/21(金) 19:30~22:00 第99回 箱根駅伝予選会 日テレジータス特別編
  • 10/30(日) 14:00~16:30 上記番組の再放送

レースの模様だけでなく、生中継ではお伝え出来なかった裏側も含め、ジータス特別編でお届けします。

番組紹介より

日テレG+を視聴するには、スカパーやひかりTVなどの契約が必要です。日テレG+に最安値で契約する方法は別の記事でまとめています。

日テレG+を最安値・即日で見るには?スカパー&ひかりTVを徹底比較

2020年9月22日

箱根駅伝2023予選会の出場校

出場予定の主な大学は下記の通りです。

出場校前年成績
東海大学本戦11位
神奈川大学本戦12位
早稲田大学本戦13位
明治大学本戦14位
国士舘大学本戦15位
中央学院大学本戦16位
日本体育大学本戦17位
山梨学院大学本戦18位
駿河台大学本戦19位
専修大学本戦20位
拓殖大学予選会11位
大東文化大学予選会12位
筑波大学予選会13位
上武大学予選会14位
城西大学予選会15位
立教大学予選会16位
流通経済大学予選会17位
東京農業大学予選会18位
慶應義塾大学予選会19位
東京経済大学予選会20位
日本大学予選会21位

予選会免除のシード校は、箱根本戦2022で10位以内の青学大、順天堂大、駒沢大、東洋大、東京国際大、中央大、創価大、国学院大、帝京大、法政大です。

箱根駅伝2023予選会の出場選手

10/03追記:エントリー選手が発表されました

>>>エントリーリスト

主なエントリー漏れ

日体大のエース藤本珠輝がエントリー外となりました。

主なエントリー漏れは以下の通り。

所属選手名10000m箱根2022成績
東海大4竹村拓真28.54.569区⑧
東海大3喜早駿介28.52.13
東海大3松尾昂来28.21.80
東海大3溝口仁28.24.48
東海大2梶谷優斗28.27.77
東海大2越陽汰28.48.377区③
神奈川大3高橋銀河28.57.71
神奈川大3巻田理空28.52.301区⑪
早大3栁本匡哉29.17.376区⑲
明大4杉本龍陽28.46.296区⑫
明大1堀颯介28.40.90
中央学大4武川流以名28.40.483区⑩
中央学大4吉本光希29.34.695区⑩
中央学大3伊藤秀虎28.52.154区⑲
日体大4髙津浩揮28.55.611区⑲
日体大4藤本珠輝28.08.582区⑩
日体大4村越凌太28.57.75
日体大3漆畑徳輝28.59.317区⑲
日体大3吉冨純也29.18.775区⑮
山梨学大4橘田大河29.18.228区⑳
専大4国増治貴29.45.967区⑨
専大3中山敦貴30.09.7110区⑳
筑波大4岩佐一楽28.41.71
城西大4木村吉希28.55.63
日大4松岡竜矢28.21.52
亜細亜大2片川祐大28.37.81

箱根駅伝2023予選会の順位予想

確実校、有力校、チャレンジ校、大穴校に分けてご紹介します。

確実校

確実校(優勝候補と予想)
明治大
東海大
早稲田大
神奈川大

【明治大】

昨年の予選会で圧勝。相性のいいコースでトップ通過へ

https://twitter.com/0____zada/status/1478291363766870019
全日本20217位
箱根2022予選会1位
箱根202214位
全日本2022関東予選シード

昨年の予選会は圧勝。

昨年1時間2分台をマークした加藤大誠、櫛田、児玉が残っている点は心強いです。

エントリーもほぼ順当で、持ちタイムは全体トップ。

近年の明大は好不調の波が大きい印象もあり、その点は不安ですが、無難に走れば1~2位で通過するとみられます。

目指すは本戦でのシード。

【東海大】

石原翔太郎が戦線復帰。持ちタイムは全体トップ

https://www.instagram.com/p/CgEzxvAPK9j/?hl=ja
全日本202112位
箱根2022予選会シード
箱根202211位
全日本2022関東予選4位

ルーキーイヤーに箱根3区で区間賞を獲った怪物・石原翔太郎が帰ってきます。

この箱根予選会が本格的な復帰レースとなる見込みです。

状態は未知数ですが、昨シーズンは低調だった東海大の起爆剤になるかもしれません。

持ちタイム平均が全体2位であることを加味しても、2~4位くらいでの通過は固いと予想します。

懸念としては、松尾、溝口、梶谷、越という主力がまさかのエントリー外であること。

そして予選会経験がある選手がいないことも不安要素です。

【早稲田大】

各選手のネームバリューは抜群。新監督のもとで本戦シードへ

https://twitter.com/shobu1216/status/1536302659606437889/photo/1
全日本20216位
箱根2022予選会シード
箱根202213位
全日本2022関東予選シード

ここ数年、選手のポテンシャルはあるといわれながら、全然勝てなかった早稲田。

今シーズンからは渡辺康幸さんが退き、花田勝彦新監督が指揮を執っています。

エントリー時の資格タイムが振るわないのは、記録会では設定ペースで抑えて走ったためか。

ただエントリーメンバーを見ると井川龍人、鈴木創士、菖蒲敦司ら陸上エリートが名を連ねます。

明らかに予選会でもトップ通過を狙えるメンバーです。

5000mで高校歴代3位の記録を持つルーキー・山口智規(学法石川出身)にも注目。

【神奈川大】

東洋らを倒し全日本予選をトップ通過。勢いに乗る

https://twitter.com/ku_official/status/1345700730083004416/photo/1
全日本2021不出場
箱根2022予選会5位
箱根202212位
全日本2022関東予選1位

トラックシーズンは好記録ラッシュ。

今年7月以降に28分台を出した選手が4人おり、仕上がりの良さがうかがえます。

特に山﨑諒介(4年)は6月の全日本大学駅伝関東予選で5000m28分台をマークし、チームの予選トップ通過に貢献。さらに7月の記録会では28分36秒をマークし、頼れるエースに成長しました。

全日本関東予選では東洋大や創価大にも勝っており、勢いに乗るチーム。予選通過は固いでしょう。

有力校

有力校(予選通過と予想)
大東文化大
日本体育大
山梨学院大
中央学院大
日本大
城西大

【大東文化大】

持ちタイムは全体3位。この勢いは本物か?

https://twitter.com/4years_media/status/1538461750189641728/photo/1
全日本2021不出場
箱根2022予選会12位
箱根2022不出場
全日本2022関東予選5位

4年ぶりの箱根返り咲きへ視界良好。

6月の全日本大学駅伝・関東予選では5位で予選を通過。さらに7月の関東学生網走では、実に8人が10000mの自己ベストを更新。今、最も波に乗っているチームです。

持ちタイム3位であることを考えても、無難に走れば上位で予選通過でしょう。

しかし、自己ベストの多くが単一のレースででいることから、好条件が重なっただけの「まぐれ」では?という見方も捨てきれません。

前評判があまりに高く、選手へのプレッシャーも心配です。

今春に就任した真名子監督は、仙台育英高でも監督を務め、全国優勝に導いた人物。当時の教え子ピーター・ワンジルを、実業団からこの大東大へ入学させた剛腕の持ち主でもあります。

【日本体育大】

エース藤本欠場で大ピンチ。連続出場の伝統を死守へ

https://twitter.com/ihimorita/status/1439623883225661440/photo/2
全日本202115位
箱根2022予選会3位
箱根202217位
全日本2022関東予選15位

エース・藤本ら前回の本戦出走組4人が欠ける事態だが、それでも10000m平均では6位と通過圏内。

1年生トリオの山崎丞、平島龍斗、田島駿介が今年10月にそろって29分32秒台をマーク。それにより、持ちタイムのチーム平均がぐっと引き上がっています。

平均タイムは全体6位ですが、やや水ぶくれ感もあり、安心はできません。1年生の伸びが命運を握ります。

史上最多の74年連続出場をさらに伸ばせるか。

【山梨学院大】

主力卒業で戦力ダウン。留学生の爆走頼み

https://twitter.com/YGU_Prussian/status/1576878744220094465/photo/1
全日本2021不出場
箱根2022予選会4位
箱根202218位
全日本2022関東予選12位

ハーフマラソン1時間2分台の橘田大河(4年)が外れたものの、

28分台を持つ伊東大暉、木山達哉らを擁し、 平均タイムで全体7位につけています。

ボニフェス・ムルア(4年)、ジェームス・ムトゥク(1年)と2人いる留学生のうち調子の良いほうを起用できるのも強み。

【中央学院大】

2年生エース・吉田礼志の成長著しい

https://twitter.com/reishi_0619/status/1502900500391366658/photo/1
全日本202111位
箱根2022予選会7位
箱根202216位
全日本2022関東予選6位

6月の全日本大学駅伝・関東予選では、主力の小島慎也、川田啓仁らを欠きながらも見事予選突破。

箱根予選会では、上記2人が復帰。さらに戦力に厚みが出ます。

2年生エースの吉田礼志は今年もトラックでPBを連発。予選会では日本人トップも狙える選手です。

持ちタイムは全体9位とボーダー付近も、全日本予選会の結果も加味すると、通過圏内に食い込むと予想。

【日本大】

持ちタイムは全体5位。全日本には復帰し古豪復活の兆し

https://twitter.com/N_ekiden/status/1568216089880051712/photo/1
全日本2021不出場
箱根2022予選会21位
箱根2022不出場
全日本2022関東予選7位

昨年の予選会では、持ちタイム平均は通過圏内ながら、まさかの21位に沈みました。

今年もトラックのタイムは素晴らしく、持ちタイムは全体5位。

さらに全日本大学駅伝の予選も通過しており、古豪が表舞台に返り咲きつつあります。

昨年の予選会のメンバーがほぼ全員残っている点も強み。

ピーキングさえ合わせられれば、予選通過は濃厚です。

【城西大】

持ちタイム10位のボーダーライン。留学生加入で層にやや厚み

https://mobile.twitter.com/yrun01fee/status/1476844759356690432/photo/2
全日本2021不出場
箱根2022予選会15位
箱根2022不出場
全日本2022関東予選8位

野村颯斗、山本唯翔(ともに3年)ら主力が順当にエントリーされたほか、

今年入学した留学生のヴィクター・キムタイ(1年)が強力。

チャレンジ校

チャレンジ校(予選敗退と予想)
立教大
国士館大
拓殖大
専修大
駿河台大

【立教大】

ついに箱根が射程圏内に。持ちタイムは全体11位

https://mobile.twitter.com/rikkyo2024/status/1563463592254799874/photo/1
全日本2021不出場
箱根2022予選会16位
箱根2022不出場
全日本2022関東予選11位

55年ぶりの箱根駅伝出場を目指します。

出場すれば、昨年の駿河台のようにスポットライトを浴びること間違いなし。

【国士舘大】

箱根15位と健闘。しかし1~4区の主力が卒業

https://mobile.twitter.com/KUA_ekiden/status/1578710976412946435/photo/1
全日本2021不出場
箱根2022予選会10位
箱根202215位
全日本2022関東予選10位

【拓殖大】

今季チームは明るい材料なし。昨年から続く「ラジニ頼み」

https://twitter.com/Takushoku_Univ/status/1440194701340991493/photo/1
全日本202114位
箱根2022予選会11位
箱根2022不出場
全日本2022関東予選18位

【専修大】

予選会のスペシャリスト集団。今年は奇跡は難しい?

https://twitter.com/8yuuuu7/status/919407104464531456/photo/2
全日本2021不出場
箱根2022予選会9位
箱根202220位
全日本2022関東予選16位

昨年は持ちタイム16位ながら、下馬評を覆して予選会突破。

【駿河台大】

監督スキャンダルでテレビではハレ物扱いに?

https://twitter.com/hochi_hakone/status/1480053865168863233/photo/1
全日本2021不出場
箱根2022予選会8位
箱根202219位
全日本2022関東予選13位

大穴校

大穴校
筑波大
東京農業大

【筑波大】

持ちタイム以上の強さに期待

全日本2021不出場
箱根2022予選会13位
箱根2022不出場
全日本2022関東予選不出場

【東京農業大】

28分台2人を擁するダークホース

全日本2021不出場
箱根2022予選会18位
箱根2022不出場
全日本2022関東予選19位

参考:上位10選手の10000m持ちタイム平均

※2022/10/13時点

大学タイム
①明大28.49.20
②東海大28.49.68
③大東大28.54.65
④早大28.58.12
⑤日大29.07.55
⑥日体大29.07.69
⑦山梨学大29.09.19
⑧神奈川大29.10.53
⑨中央学大29.13.14
⑩城西大29.13.49
⑪立大29.15.51
⑫拓大29.18.17
⑬国士大29.21.71
⑭駿河台大29.32.62
⑮専大29.32.82
⑯東農大29.38.01
⑰上武大29.42.42
⑱筑波大29.58.31

参考:上位14選手の戦力分布

エントリー時の1万メートル資格記録から作成。

出場校1234567891011121314
東海大学SABBBBCCCC
神奈川大学ABBBCDD
早稲田大学SAABDDD
明治大学AABBBBDDDD
国士舘大学ACCDDDDDDDDDDD
中央学院大学ABCCDD
日本体育大学BBBCCCCDDDDD
山梨学院大学ABBBBCDDD
駿河台大学ABBBD
専修大学BCCDD
拓殖大学SBCCCDDD
大東文化大学AAAABCCDD
筑波大学CD
上武大学SCDD
城西大学BBBCCCD
立教大学BBBDDDD
流通経済大学
東京農業大学AADD
慶應義塾大学DDD
東京経済大学AD
日本大学SSBCCCDD

S→ 1万m28:20未満
A→ 1万m28:40未満
B→ 1万m29:00未満
C→ 1万m29:20未満
D→ 1万m29:40未満

参考:月刊陸上競技の予想

A(上位候補) 明大、大東大、早大
B(通過濃厚) 東海大、中央学大、神奈川大
C(通過候補) 城西大、山梨学大、日体大
D(ボーダー付近) 日大、国士大、専大、立大、拓大、駿河台大
E(チャレンジ校) 上武大、東農大、筑波大、流経大など

出典

参考:スポーツ報知の予想

参考情報

まとめ

毎年、箱根行きの切符をめぐる激しいレースが繰り広げられますが、今年は「歴史的な大混戦」とも言われています。

私はCS放送の日テレG+でレースの舞台裏もチェックして、レースを楽しもうと思っています!

大学駅伝・箱根駅伝4年生の進路一覧【2023年3月卒】

2022年9月24日

全日本大学駅伝2021の順位・優勝予想【テレビやライブ配信予定も】

2021年11月2日

大学駅伝のイケメンTOP15【2022箱根駅伝】青学や駒澤がレベル高い!

2021年10月3日

日テレG+を最安値・即日で見るには?スカパー&ひかりTVを徹底比較

2020年9月22日