箱根駅伝2020予選会の順位予想/注目選手/テレビ放送・ライブ配信は?※結果追記

10月26日、東京都立川市の昭和記念公園にて、第46回箱根駅伝予選会が開催されます。

全選手がハーフマラソンを同時に走り、上位10人の合計タイム上位10校が箱根駅伝本戦への切符を手に入れます。歓声とため息が入り混じる結果発表の瞬間は、見ているこちらもドキドキしますよね。

今回は箱根駅伝2020予選会のスタート時間や、テレビ・ライブ配信、出場校をご紹介し、最後に順位予想もしています。

箱根駅伝2020予選会のスタート時間

2019年10月26日(土)9:35スタートです。

箱根駅伝2020予選会のテレビ・ライブ配信

例年通りであれば、日本テレビの関東ローカルにて、2019年10月26日(土)9:25〜11:25に生中継されます。

そのほか、BS日テレで当日夜の19:00から録画が放送され、CS放送の日テレG+では11月3日(日)20:00〜22:30にレースの裏側の密着取材映像を交えた特別編が放送されます。

日テレG+はスカパー!から視聴の申し込みができます。感動の舞台裏を見たい方はぜひどうぞ。

【10分でできる】スカパー!の申し込み方法を解説【陸上ファン必須】

2019年9月28日

箱根駅伝2020予選会の出場校

発表され次第、掲載します。

【参考:前年の出場校と結果】

順位チーム最終総合タイム
1駒澤大学10:29:58
2順天堂大学10:36:58
3神奈川大学10:39:16
4國學院大學10:40:38
5明治大学10:41:06
6東京国際大学10:41:15
7大東文化大学10:42:16
8中央大学10:42:55
9国士舘大学10:45:39
10山梨学院大学10:46:27
11上武大学10:46:51
12麗澤大学10:48:41
13亜細亜大学10:48:54
14専修大学10:49:23
15創価大学10:50:39
16東京農業大学10:53:49
17筑波大学10:55:23
18駿河台大学10:58:24
19日本薬科大学11:04:55
20明治学院大学11:05:45
21桜美林大学11:06:16
22流通経済大学11:07:46
23関東学院大学11:07:51
24武蔵野学院大学11:08:23
25平成国際大学11:11:44
26慶應義塾大学11:15:01
27東京経済大学11:16:56
28立教大学11:24:36
29東京大学11:43:18
30東京理科大学11:44:29
31帝京平成大学11:51:39
32東京情報大学11:58:51
33学習院大学12:00:17
34一橋大学12:02:29
35高崎経済大学12:04:45
36東京工業大学12:08:08
37防衛大学校12:12:20
38首都大学東京12:17:59
-上智大学

箱根駅伝2020予選会の順位予想

確実校、有力校、チャレンジ校に分けてご紹介します。

確実校(優勝候補と予想)
東京国際大学
早稲田大学
日本体大学
明治大学

今年6月の「全日本大学駅伝 関東選考会」を勝ち抜き、本戦出場を決めたのが上記4校です。例年、全日本大学駅伝と箱根駅伝の予選は似た結果となりやすいです。

東国大は留学生のイェゴン・ヴィンセント(1年)が圧倒的。

早稲田は井川龍人(1年)、鈴木創士(1年)、中谷雄飛(2年)などスター級の下級生が多数在籍し、勢いに乗ればトップも狙えます。

明治は絶対的エースの阿部弘輝(4年)を中心に、小袖英人(3年)ら能力の高い選手が揃っています。

日体大はエース級の選手はいないものの、総合力と団結力があります。全身の毛が抜ける病気を抱えながら奮闘する藤本珠輝(1年)にも注目です。

有力校(予選通過と予想)
中央大学
日本大学
神奈川大学
大東文化大学
山梨学大学
城西大学

有力校は、10000mの持ちタイム上位の大学を中心に挙げています。

中央大は惜しくも全日本大学駅伝の出場は逃したものの、10000m持ちタイム平均は参加チーム中トップ。三浦拓朗(2年)に力があります。

日本大学は、実業団でも活躍したオールドルーキーのチャールズ・ドゥング(1年)が牽引します。

城西大学の菊地駿弥(4年)、菅原伊織 (3年)は日本インカレで上位に食い込む力走を見せ、勢いに乗っています。

チャレンジ校(予選敗退と予想)
国士舘大学
上武大学
麗澤大学
亜細亜大学
専修大学

10位以内にあと1歩届かないと予想するのがチャレンジ校です。

国士舘大は前回の箱根本戦で18位に入り、持ちタイム的にも箱根出場圏内ですが、6月の全日本大学駅伝の関東選考会では撃沈し、パワーダウンが懸念されます。

専修大の長谷川柊(4年)は前回の箱根予選会で個人14位に入るなど飛び抜けた力を持っており、彼がチームの士気を引き上げれば10以内も見えてくるかもしれません。

参考記事:【箱根への道】10・26箱根駅伝予選会は歴史的な大混戦…順位予想

【全日本大学駅伝2019】関東地区予選の注目選手/順位予想は?※結果追記

2019年6月16日

参考:上位10選手の10000m持ちタイム平均

※2019/10/5時点で調べました。

 チーム上位10人の持ちタイム平均
1中央大29.14.34
2早稲田大29.15.20
3日本体大29.20.47
4日本大29.20.97
5東京国大29.07.50
6神奈川大29.23.72
7明治大28.54.60
8国士舘大29.35.57
9大東大29.31.93
10城西大29.18.97
11山梨学大29.29.63
12上武大29.45.16
13創価大29.22.06
14東京農大29.45.32
15専修大29.44.96
16麗澤大学29.56.80
17筑波大学29.56.80
18亜細亜大学30.00.10

まとめ

毎年、箱根行きの切符をめぐる激しいレースが繰り広げられますが、今年は「歴史的な大混戦」とも言われています。

特に箱根出場が至上命題となっている伝統校にとっては「絶対に負けられない」戦いとなります。

私はCS放送の日テレG+でレースの舞台裏もチェックして、レースを楽しもうと思っています!

【10分でできる】スカパー!の申し込み方法を解説【陸上ファン必須】

2019年9月28日

全日本大学駅伝2019の出場校や優勝予想、テレビやライブ配信は?※結果追記

2019年8月1日

箱根駅伝2020予選会の結果速報

※10位までが本戦出場

>>>総合成績はこちら

順位大学名本戦出場記録
1東京国際大3年連続4回目10:47:29
2神奈川大10年連続51回目10:50:55
3日本体育大72年連続72回目10:51:09
4明治大2年連続61回目10:51:42
5創価大3年ぶり3回目10:51:43
6筑波大26年ぶり61回目10:53:18
7日本大2年連続89回目10:54:29
8国士舘大4年連続48回目10:55:21
9早稲田大44年連続89回目10:55:26
10中央大3年連続93回目10:56:46
11麗澤大10:57:12
12駿河台大10:58:44
13上武大11:00:16
14専修大11:01:57
15城西大11:02:27
16東京農業大11:05:05
17山梨学院大11:06:14

>>>個人成績はこちら

順位選手名学年記録
1レダマ キサイサ41:01:01
2ライモイ ヴィンセント21:01:37
3イエゴン ヴィンセントキベット11:02:23
4チャールズ ドゥング11:02:33
5伊藤 達彦41:02:34
6荻久保 寛也41:03:12
7米満 怜41:03:19
8ジェームズ ブヌカ21:03:26
9手嶋 杏丞21:03:28
10ボニフェス ムルア11:03:38
11長谷川 柊41:03:51
12岩崎 大洋31:03:52
13金丸 逸樹41:03:53
14藤本 珠輝11:03:54
15森 凪也21:03:58
16太田 智樹41:03:58
17山口 武31:03:59
18坂本 貫登31:04:00
19西 研人31:04:01
20猿橋 拓己31:04:04
21ワンブア タイタス41:04:05
22森 淳喜41:04:13
23池田 耀平31:04:16
24横山 徹31:04:19
25畝 拓夢31:04:20