箱根駅伝2021予選会の順位予想/注目選手/テレビ放送・ライブ配信は?

10月17日(土)、東京都立川市の陸上自衛隊駐屯地にて、第97回箱根駅伝予選会が開催されます。

今年はなんと、新型コロナの影響で「無観客」「駐屯地内の周回コース」での開催となります。距離は変わらずハーフです。

上位10人の合計タイムで競われ、上位10校が本戦出場の切符を手に入れます。歓声とため息が入り混じる結果発表の瞬間も見逃せません。

今回は箱根駅伝2021予選会のスタート時間や、テレビ・ライブ配信、出場校をご紹介し、最後に順位予想もしています。

箱根駅伝2021予選会のスタート時間

昨年は9:35スタートでした。

今年のスタート時間が発表され次第更新します。

箱根駅伝2021予選会のテレビ・ライブ配信

例年通りであれば、日本テレビの関東ローカルにて、当日(10/17)の9:25〜11:25に生中継されます。

そのほか例年は、BS日テレでは当日夜に録画放送が、

CS放送の日テレG+では特別番組が放送されます。

箱根駅伝2021予選会の出場校

出場予定の主な大学は下記の通りです。

出場校前年成績
中央学院大本戦11位
中央大本戦12位
拓殖大本戦13位
順天堂大本戦14位
法政大本戦15位
神奈川大本戦16位
日本体育大本戦17位
日本大本戦18位
国士舘大本戦19位
筑波大本戦20位
麗沢大予選会11位
駿河台大予選会12位
上武大予選会13位
専修大予選会14位
城西大予選会15位
東京農業大予選会16位
山梨学院大予選会17位
大東文化大予選会18位
流通経済大予選会19位
東京経済大予選会20位

予選会免除のシード校は、箱根本戦2020で10位以内の青学大、東海大、国学院大、帝京大、東京国際大、明大、早大、駒大、創価大、東洋大です。

箱根駅伝2021予選会の順位予想

確実校、有力校、チャレンジ校に分けてご紹介します。

確実校

確実校(優勝候補と予想)
中央大
順天堂大
日本大
中央学大

【中央大】トップ通過で本戦へ弾みを

ゴールデンルーキー吉居大和(仙台育英出身)の加入により、チーム力は大きくアップ。

吉居は7月のホクレンディスタンスで5000mのU20日本記録を樹立。駒沢のエース田澤廉とは1秒差の争いを演じました。

同じくルーキーの中野翔太(世羅出身)も世代トップクラスの力を持ち、ハーフの距離に対応できればブレイクの予感。

前回の箱根メンバーが9人残っていることも強み。

予選トップ通過の最有力候補です。

【順天堂大】三浦・石井のルーキーコンビに注目

順天堂大もリクルーティングに成功し、有望なルーキーの三浦龍司(洛南出身)と石井一希(八千代松蔭出身)が加入。

三浦はホクレンディスタンスの3000mSCでU20日本新記録を樹立し好調。

上位10選手の10000m持ちタイム平均も参加チーム中2位につけており、予選通過はほぼ確実。

ただし、エース藤曲寛人(現トヨタ自動車九州)の卒業はやや痛手。

【日本大】77歳青葉監督の初戦

77歳の青葉昌幸氏が新監督に就任。4年後の第100回箱根駅伝での優勝を目指しています。

大きな懸念材料として、絶対的エースのチャールズ・ドゥングが政府のコロナ対策の影響でケニアから来日できていないという情報も。

【中央学大】やや戦力ダウンも予選通過は堅い

前回の箱根駅伝ではシード権目前の11位に食い込みました。

戸口豪琉、栗原啓吾、高橋翔也など長い距離に強い選手が多い印象。

主力選手が卒業した影響でやや戦力ダウンも、予選会通過は堅いとみられます。

有力校

有力校(予選通過と予想)
神奈川大
日本体大
法政大
山梨学大
拓殖大
城西大

【神奈川大】4年生2人がチームを牽引できるか

前回の箱根で往路を走った4年生の北﨑と井出は力があります。

ロードに強いルーキーの宇津野篤(佐久長聖出身)あたりがチーム10位以内に食い込んでくれば予選通過が近づくはず。

【日本体大】層の厚い4年生がラストイヤーに懸ける

前回の箱根本戦では10人中6人が現4年世代で、4年生が引っ張るチーム。

前回の箱根1区で区間3位に入った池田耀平(4年)は、日本人のトップ集団で走りたいところ。

昨年の箱根予選会で個人14位に入った藤本珠輝(2年)は、7月のホクレンディスタンスでは今一つ輝けませんでしたが、相性の良いレースで存在感を示せるでしょうか。

【法政大】青木らの卒業で我慢の世代になりそう

山登りのスペシャリストとして有名な青木涼真をはじめ、数多くの主力選手が卒業。

エースの鎌田はハーフマラソンに強く、日本人のトップ集団でレースを進めたいところ。

【山梨学大】雪辱を誓う名門

昨年の箱根予選会はまさかの17位。雪辱を誓います。

7月のホクレンディスタンス10000mではムルアと森山真伍が自己ベストを更新。

10000mのチーム平均でも5位の位置におり、トラブルなく走れば予選通過は濃厚。

【拓殖大】レメキティ不在なら大ピンチ

昨シーズンは出雲9位、箱根13位など健闘。

今年は日本人エースの不在が課題。

エースのレメキティが渡航制限の影響で来日できていないという情報も。

【城西大】4年生の戦力充実

昨年の全日本大学駅伝で相澤晃に次ぐ区間2位の成績を残したエースの菅原をはじめ、4年生の戦力が充実。

個々の力はあるものの、昨年の箱根予選会では15位に沈みました。

ピーキングと集団走などの作戦が鍵を握っています。

チャレンジ校

チャレンジ校(予選敗退と予想)
筑波大
東京農大
大東大
駿河台大
麗沢大

【筑波大】さらなる飛躍もあり得る

前回大会では26年ぶりの返り咲き。

昨年のエース金丸が卒業も、箱根メンバー9人が残っており戦力は維持。

今年のエース候補の西は力があり、丸亀ハーフで1時間1分台をマークしたほか、7月のホクレンディスタンス5000mでは13分台をマークし成長著しい。

【東京農大】1年生の底上げがあれば

上位10人の平均持ちタイムでは9位と通過圏内。

ホクレンディスタンスでは4年生の工藤、櫻井、山口が今一つだったが、1年生の高橋光晃が5000m14分18秒と上々の結果を出しました。

高橋はチームの起爆剤となりたいところ。

【大東大】下級生が強い

ホクレン5000mでは倉田蓮(2)が14分1秒と好走。

持ちタイム上位10人中7人が1~2年生と、下級生が強く、勢いに乗れば予選通過もあり得ます。

【駿河台大】箱根に行くなら今シーズン

昨年は予選会12位と本戦出場へと肉薄。

留学生ブヌカは個人トップも狙えるほど強力。

選抜チームで出雲・全日本も走った吉里ら4年生が、ラストイヤーに全てをぶつけたいところ。

【麗沢大】1秒を削り出して本戦へ

昨年の予選会は26秒差で本戦のチケットを逃しました。

ホクレンではエース格の杉保と椎野が好調で、本戦への期待が高まります。

ちなみに、先輩の河合代二(トーエネック)はトラック、マラソンで大活躍中。

参考:上位10選手の10000m持ちタイム平均

9月3日時点

大学名平均タイム箱根順位
中央学大29.03.4011
中央大28.51.7212
拓殖大29.23.0513
順天堂大28.53.6914
法政大29.33.9415
神奈川大29.19.2916
日本体大29.13.3117
日本大29.02.3618
国士舘大29.33.8219
筑波大29.46.2220
駿河台大29.31.68-
城西大29.15.32-
東京農大29.20.25-
山梨学大29.11.82-
大東大29.26.27-
麗沢大29:36:37-
上武大29:40:57-
専修大29:48:12-

参考:前年の出場校と結果

前回大会の「箱根駅伝2020予選会」の結果は下記の通りです。

順位チーム名最終総合タイム
1東京国際大学10時間47分29秒
2神奈川大学10時間50分55秒
3日本体育大学10時間51分09秒
4明治大学10時間51分42秒
5創価大学10時間51分43秒
6筑波大学10時間53分18秒
7日本大学10時間54分29秒
8国士舘大学10時間55分21秒
9早稲田大学10時間55分26秒
10中央大学10時間56分46秒
11麗澤大学10時間57分12秒
12駿河台大学10時間58分44秒
13上武大学11時間00分16秒
14専修大学11時間01分57秒
15城西大学11時間02分27秒
16東京農業大学11時間05分05秒
17山梨学院大学11時間06分14秒
18大東文化大学11時間06分22秒
19流通経済大学11時間10分57秒
20東京経済大学11時間16分21秒
21武蔵野学院大学11時間16分28秒
22亜細亜大学11時間19分52秒
23立教大学11時間23分49秒
24明治学院大学11時間24分26秒
25日本薬科大学11時間25分34秒
26関東学院大学11時間27分13秒
27慶應義塾大学11時間28分47秒
28桜美林大学11時間30分55秒
29平成国際大学11時間38分29秒
30育英大学11時間49分54秒
31芝浦工業大学11時間50分16秒
32東京大学11時間53分54秒
33東京理科大学12時間05分05秒
34一橋大学12時間05分44秒
35帝京平成大学12時間09分27秒
36学習院大学12時間16分06秒
37東京工業大学12時間28分15秒
38東京工業大学大学院12時間33分06秒
39東京学芸大学12時間34分25秒
40防衛大学校12時間40分17秒
41東京大学大学院12時間45分52秒
42上智大学12時間49分27秒

まとめ

毎年、箱根行きの切符をめぐる激しいレースが繰り広げられますが、今年は「歴史的な大混戦」とも言われています。

私はCS放送の日テレG+でレースの舞台裏もチェックして、レースを楽しもうと思っています!

駅伝情報をもっと詳しく知りたい方は、ぜひガイドブックをご覧ください!

全日本大学駅伝2020の出場校や優勝予想、テレビやライブ配信は?

2020年9月18日

【日本インカレ2020】陸上長距離の注目選手やライブ配信、スタート時間は?

2020年9月3日

【2020】大学駅伝のイケメンランキングTOP15【箱根メンバー】

2019年2月5日