全日本女子大学駅伝2019のテレビ・ライブ配信、注目選手や優勝予想は?※結果追記

絶対女王、名城大学の3連覇なるか。10月27日、第37回 全日本女子大学駅伝(杜の都駅伝)が仙台市で開催されます。

10月26日には箱根駅伝予選会もあり、駅伝ファンにとっては楽しみが多い週末となりそうです。

今回は全日本女子大学駅伝のスタート時間やテレビ・ライブ放送、出場校や優勝予想をご紹介します。

全日本女子大学駅伝2019のスタート時間

2019年10月27日(日) 12時10分スタート

全日本女子大学駅伝2019のテレビ・ライブ配信

例年通りであれば、
日本テレビ系列全国ネットで10月27日(日)12:00~14:35に生中継されます。

その他、レース後の下記の時間に、CS放送 日テレジータスにて、舞台裏も含めた完全版が放送されます。駅伝ファンなら見逃せません。
11月4日(月)15:30~19:00
11月10日(日)8:30~12:00

日テレジータスはスカパー!から10分でお申し込みができます。

【10分でできる】スカパー!の申し込み方法を解説【陸上ファン必須】

2019年9月28日

全日本女子大学駅伝2019の出場校

シード校8チーム、地区予選からの出場校25チーム、オープン参加の東北学連選抜の合計36チームが出場します。

シード校

ナンバー大学名出場回数
1名城大学21年連続21回目
2大東文化大学9年連続9回目
3立命館大学30年連続30回目
4東京農業大学7年連続27回目
5松山大学12年連続12回目
6京都産業大学26年連続26回目
7大阪学院大学11年連続26回目
8大阪芸術大学4年連続7回目

各地区出場校

ナンバー所属連盟大学名出場回数
9北海道札幌国際大学3年連続3回目
10東北東北福祉大学13年連続17回目
11東北石巻専修大学2年連続4回目
12関東城西大学25年連続26回目
13関東日本体育大学8年連続31回目
14関東中央大学 2年ぶり28回目
15関東東洋大学7年連続7回目
16関東拓殖大学2年連続2回目
17関東玉川大学3年連続19回目
18北信越新潟医療福祉大学8年連続8回目
19東海中京学院大学初出場
20関西関西大学12年連続12回目
21関西佛教大学2年連続18回目
22関西兵庫大学初出場
23関西神戸学院大学4年ぶり12回目
24中国四国環太平洋大学3年ぶり2回目
25九州福岡大学10年連続31回目
26オープン(東北学連)東北学連選抜チーム

全日本女子大学駅伝2019の優勝予想(注目選手)

参考:2018年大会のリザルト

それでは、優勝候補の大学を挙げていきます。

名城大学

昨年は安定したレース運びで連覇を達成。今年も圧倒的な選手層があり、3連覇の可能性は高いでしょう。

髙松智美ムセンビ(2年)、加世田梨花(3年)、和田有菜(2年)といった昨年の優勝メンバーが残っており、盤石です。

髙松は昨年の全日本女子大学駅伝では3区で余裕の区間賞。10月の茨城国体の1500mで8位、5000mで15位と調子に不安は残りますが、自力があるので一定の走りはしてくるでしょう。加世田も日本インカレ10000mできっちり3位に入りました。

そして和田も日本インカレ、茨城国体の両方で5000m3位を獲得し、非常に力をつけています。

新戦力の荒井優奈(1年・須磨学園出身)は日本インカレ10000mで7位に入るなど好調で、メンバーに入れば面白い存在です。

大東文化大学

2017、18年と連続の2位。

昨年は2区の鈴木優花(2年)が12人抜きを演じ、一気にトップに立ちましたが、優勝にはあと34秒及びませんでした。逆にいうと1区でトップ集団に入れば優勝も狙えたでしょう。

昨年、エース区間で区間賞を獲った関谷夏希(4年)も心強いです。最長5区のスペシャリストがいることは有利なので、名城の次に優勝に近いと予想します

立命館大学

2017、18年と連続の3位。

佐藤成葉(4年)は9月の日本インカレで5000mと10000mの2冠を達成。学生ナンバーワンの女子長距離選手のひとりです。昨年は1区で名城の和田に競り負けて区間2位でしたが、今年はエースとして区間賞が求めらています。

ただし佐藤以外でトラックシーズンに活躍した選手が少なく、選手層の薄さは否めません。2011-15年にかけて5連覇を達成した名門の復活は、もう少し先になりそうです。

その他の有力校

昨年4位の東京農業大学には、安定感のあるエース・棟久由貴がいます。

2016年の覇者・松山大学は、昨年は1年生主体のメンバーで臨み4位に食い込みました。上位陣にとっては不気味な存在です。

日本インカレの5000mと10000mで銀メダルを獲得した五島莉乃を擁する中央大学の躍進があるかも注目です。

まとめ

駅伝にトラブルは付き物です。名城大学も、もちろん油断はできません。

名城大学が勝ち切るのか伏兵が現れるのか、今から楽しみです!

レースの裏側は日テレジータスクでしか見られませんので、スカパー!からの申し込みをオススメします。

全日本女子大学駅伝2019の結果

>>選手別成績を含む総合結果はこちら

1位:名城大学 2時間04分34秒
2位:大東文化大学 2時間07分05秒
3位:立命館大学 2時間07分37秒
4位:松山大学 2時間07分45秒
5位:日本体育大学 2時間08分40秒
6位:城西大学 2時間09分09秒
7位:大阪学院大学 2時間09分14秒
8位:関西大学 2時間10分00秒

【10分でできる】スカパー!の申し込み方法を解説【陸上ファン必須】

2019年9月28日

【2020年3月卒業】大学駅伝4年生の進路一覧【随時更新】

2019年10月5日

全日本大学駅伝2019の出場校や優勝予想、テレビやライブ配信は?※結果追記

2019年8月1日