日テレG+を最安値・即日で見るには?スカパー&ひかりTVを徹底比較

私は学生駅伝ファンで、「日テレG+(日テレジータス)」で放送される箱根駅伝のドキュメンタリーを見てみたいなと思い、日テレG+の視聴方法を調べてみました。

結論から言うと、日テレG+を見るなら、スカパー!が月額¥1,290〜と最安値で、かつ最短30分で視聴開始できるのでおすすめです。その次に、パック料金が安いひかりTVがおすすめです。

以下で、料金や必要な視聴環境について詳しくご説明していきます。

1秒でも早く視聴を始めたい方は、もうスカパー!で決めてしまっても大丈夫です😅

日テレG+を視聴できるサービス一覧

そもそもの仕組みからご説明すると、日テレG+は提携する映像配信サービスを経由して視聴するようになっており、直接日テレG+と契約することはできません

日テレG+を視聴できるサービスは、この5つです。※法人の場合を除く

  • スカパー!
  • ひかりTV
  • auひかり テレビサービス
  • J:COM TV
  • 各地域のケーブルテレビ

出典

もし現在どれかのサービスに加入中であれば、日テレG+をすでに視聴できる可能性が高いです。加入中なのに視聴できない場合は、料金プランをアップグレードすれば視聴できます。

ここからは、現状上記のどのサービスにも加入していない方向けに話を進めていきます。

映像配信サービス選定のポイント

日テレG+だけを見たい場合は、以下だけを考えればOKです。

1.最低限のチャンネルだけ見られればいい

ほとんどの場合、50chほどをセットで契約することが必須となりますが、スカパー!のような一部サービスではチャンネルをバラ売りしています

「日テレG+だけを見られれば十分」なのであれば、チャンネル一つずつと契約できるサービスを選びましょう。

2.自宅の環境に合ったサービスを選ぶ

映像配信サービスには、アンテナを使って電波で受信するタイプ、インターネットの光回線で受信するタイプなどがあり、

各家庭の環境によって、適したサービスが変わってきます。

新たにアンテナや光回線を設置することも可能ですが、その場合は設置費用がかかると考えておきましょう。

3. もちろん最安を狙う

言うまでもありませんが、料金の安いサービスを利用すべきです。

料金といっても、無料キャンペーン・解約料・工事費など様々な要素が絡み合います。総合的に判断しましょう。

4. 今すぐ見たい場合はスカパー!一択

CS放送用のアンテナが設置済みであることが前提条件となりますが、スカパー!は登録後、最短30分で視聴開始できます。

その他のひかりTVやJ:COM TVなどはチューナーの受け取り、設置が必須となるため、最短でも1~2週間かかってしまいます。

最安値はどこ?料金表

対象者が多いであろうスカパー!、ひかりTV、J:COMに絞って料金表を作成しました。

基本的には、多チャンネルが入ったスタンダードなプランで比較しています。

例外として、

  • スカパー!は1チャンネルから契約できるため、日テレG+単体のプランも入れています。
  • ひかりTVは2年契約で割引が得られる「2ねん割」のプランも入れています。
 パックプラン月額料金(税抜)
スカパー!日テレG+のみ¥1,290
スカパー!基本プラン(47ch)¥3,990
ひかりTVテレビおすすめプラン(50ch以上)¥3,040
ひかりTV【2ねん割】テレビおすすめプラン(50ch以上)¥2,040
J:COM TVスタンダード(79ch)¥5,380

※基本料やチューナーレンタル料などを含む
※事務手数料や工事費は含まない(J:COM TVのみかかります)

割高なJ:COMは無視してOK

料金表を見ていただくとわかるように、J:COM TVは最低価格が割高に設定されています。

J:COMは、ネット・電話・ガス・電気・TVなどのインフラをセットで契約することに旨味があるため、TV単体での契約には向いていません。

スカパー!とひかりTVに必要な環境

J:COMは選択肢から外した上で、スカパー!とひかりTVを視聴するための環境をご説明しておきます。

例外はありますが、ざっくり言ってしまうと、

  • スカパー!:アンテナで受信
  • ひかりTV:光回線で受信

という仕組みになっています。

スカパー!に必要な環境

「110度CS対応アンテナ」が付いていれば、スカパー!を視聴できます。もしこれまでにご自宅でCS放送を視聴した経験があれば、アンテナは設置済みということです。

一戸建ての場合は、ご自身やご家族にこのアンテナを設置した記憶がなければ、まず設置はされていないでしょう。

一方でマンションなどの集合住宅の場合は、管理人がすでに設置している可能性もあります。

アンテナが設置済みか確認する方法

CS放送が視聴できるかチェックする方法は、とても簡単です。

  • テレビのリモコンの「CS」ボタンを押す
  • CSの番組表を表示させる
  • 「CS161」という無料チャンネルを選択する
  • そのチャンネルが映るかを確かめる

それでもよくわからなければ、こちらのブログ記事(外部)が分かりやすかったので参考にしてみてください。

あとは、カスタマーセンターに電話すれば丁寧に教えてくれます。

スカパー!カスタマーセンター(総合窓口)
電話番号:0120-211-855
受付時間:10:00~20:00(年中無休)

もしアンテナが設置されていなければ、ご自身で設置する必要があります。スカパー!のアンテナサポートを利用するのも手です。

ひかりTVに必要な環境

条件は2つあります。

1つ目は「フレッツ系の光回線」が通っていること。

対象となる光回線は下記となります。

  • フレッツひかり
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光
  • ぷらら光
  • OCN光
  • NURO光

そしてもう1つの条件は、「サービス提供エリア」に住んでいることです。

サービス提供エリアは下記となります。

西日本エリア東日本エリア
石川県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県北海道、宮城県、新潟県、栃木県、群馬県、茨城県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

※北海道では一部地域で視聴できません

この2つの条件を満たした上で、ひかりTVと契約し、専用のチューナーを設置すれば、視聴できるようになります。

スカパー!とひかりTVを比較

それぞれのメリットとデメリットを整理しました。

スカパー!のメリット🙆‍♂️

  • 最短30分で視聴開始できる
  • 1チャンネル単位で契約できる
  • (アンテナ設置済みなら)チューナーの設置不要
  • 解約がWEB完結で簡単にできる
  • 加入月は視聴料0円のキャンペーン中
  • 加入後2週間は約80チャンネルを無料で視聴できる

スカパー!のデメリット🙅‍♂️

  • パック料金はひかりTVと比較すると少し高い
  • 加入月に解約はできない(1ヶ月分の料金は必ず払うことになる)
  • 自宅にアンテナを設置すると見栄えが悪い場合がある

ひかりTVのメリット🙆‍♀️

  • パック料金が安い
  • タブレットでも視聴可能、宅外視聴可能
  • 最大2ヶ月無料キャンペーン中
  • アンテナ不要

ひかりTVのデメリット🙅‍♀️

  • 視聴開始には少なくとも1~2週間はかかる
  • 1チャンネル単位の契約はできない
  • 解約が電話受付のみ。トラブルが多いという評判
  • 2ねん割の場合は解約料1万円がかかる

結論:日テレG+だけで十分ならスカパー!一択

結論を言うと、もしアンテナを設置済みであるなら、日テレG+はスカパーで視聴すべきです。

なぜなら、料金面でも月額¥1,290と最安値となっており、さらに視聴開始にかかる時間も30分と最短になっています。

スカパー!以外を選ぶ理由は見当たりません。

結論:多チャンネルを見る場合は互角。環境に応じて選ぼう

多チャンネルのパック料金で言うと、

  • スカパー!の基本プラン:¥3,990
  • ひかりTVのテレビおすすめプラン:¥3,040

となっており、ひかりTVの方が安価です。

しかし一方で、スカパー!にはチャンネル数を5chのみに限定する「セレクト5(月額¥2,190)」など、段階的な料金プランとなっており、必要に応じて柔軟にプランを変更することができるという利点があります。

さらにひかりTVは解約の手続きが電話受付のみとなっており、様々な消費者トラブルも起こっています。1日をイライラして過ごすのは、料金では測れない損失があります。

なので、トータルで見ればスカパー!とひかりTVは互角かなと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

結論、日テレG+を最安値・最短で見られるのはスカパー!です。

ただし、ご自宅にCS放送用のアンテナが未設置で、光回線に契約中であればひかりTVの方と契約しましょう。

ぜひご自身にあった方法で、日テレG+で箱根駅伝や巨人戦をご観戦ください。