全日本大学駅伝2021の順位・優勝予想【テレビやライブ配信予定も】

11月7日(日)、伊勢路を舞台に全日本大学駅伝が開幕!

箱根や出雲と違い、全国から予選を勝ち上がった大学が出場することから「真の大学日本一決定戦」とも呼ばれています。

出雲駅伝で本命の駒澤大が5位に沈み、この全日本はもはや本命不在!

相当、僅差のレースになると予想されます。

今回は全日本大学駅伝のテレビ放送やライブ配信の予定から、順位・優勝予想までご紹介していきます。

全日本大学駅伝 公式サイト

全日本大学駅伝2021のテレビ放送・ライブ配信

テレビ放送

テレビ朝日系列で生中継されます。スタート時間は11月7日(日)午前8時05分です。

事前番組

昨年は、瀬古利彦さんが全日本大学駅伝の見どころを解説する「来週は全日本大学駅伝!」が、テレビ朝日(関東ローカル)にて、10月24日(土) 27:00~28:00分に放送されました。

ライブ配信

AbemaTVのSPORTSチャンネルにて同時生中継されます。今年も乃木坂46の佐藤楓とプロランナーの八木勇樹が解説を務めます。>>詳細

AbemaTVは無料で試聴することができますが、

Abemaプレミアムに加入すると、広告なしで、かつ時間を巻き戻して試聴することができます。月額は960円(2週間無料体験あり)です。

ABEMA

全日本大学駅伝2021の出場校・チーム一覧

地 区大 学 名出場回数選 考 方 法アスリートビブスの大学表記アスリートビブス番 号
北海道札幌学院大学4大会連続28回目北海道地区選考会1位(8区間101・06キロ)札 幌 学 院 大9
東 北東北大学2大会連続15回目東北地区選考会1位(10キロ4人、16キロ4人の合計タイム)東 北 大10
関 東駒澤大学26大会連続28回目第52回全日本大学駅伝1位の実績からシード駒 澤 大1
関 東東海大学8大会連続34回目第52回全日本大学駅伝2位の実績からシード東 海 大2
関 東明治大学14大会連続15回目第52回全日本大学駅伝3位の実績からシード明 治 大3
関 東青山学院大学9大会連続11回目第52回全日本大学駅伝4位の実績からシード青 山 学 院 大4
関 東早稲田大学15大会連続27回目第52回全日本大学駅伝5位の実績からシード早 稲 田 大5
関 東東洋大学14大会連続29回目第52回全日本大学駅伝6位の実績からシード東 洋 大6
関 東帝京大学7大会連続14回目第52回全日本大学駅伝7位の実績からシード帝 京 大7
関 東順天堂大学5大会連続26回目第52回全日本大学駅伝8位の実績からシード順 天 堂 大8
関 東東京国際大学3大会連続3回目関東地区選考会1位(1万メートル8名の合計タイム)東 京 国 際 大11
関 東國學院大學7大会連続9回目関東地区選考会2位(1万メートル8名の合計タイム)國 學 院 大12
関 東法政大学2大会ぶり13回目関東地区選考会3位(1万メートル8名の合計タイム)法 政 大13
関 東拓殖大学2大会ぶり10回目関東地区選考会4位(1万メートル8名の合計タイム)拓 殖 大14
関 東中央大学9大会ぶり28回目関東地区選考会5位(1万メートル8名の合計タイム)中 央 大15
関 東中央学院大学9大会連続15回目関東地区選考会6位(1万メートル8名の合計タイム)中 央 学 院 大16
関 東日本体育大学4大会連続43回目関東地区選考会7位(1万メートル8名の合計タイム)日 本 体 育 大17
北信越信州大学2大会連続15回目北信越地区選考会1位(1万メートル上位8名の合計タイム)信 州 大18
東 海皇學館大学5大会連続5回目東海地区選考会1位(1万メートル8名の合計タイム)皇 學 館 大19
東 海岐阜協立大学5大会ぶり4回目東海地区選考会2位(1万メートル8名の合計タイム)岐 阜 協 立 大20
関 西立命館大学21大会連続33回目関西地区選考競技会1位(1万メートル上位8名の合計タイム)立 命 館 大21
関 西関西学院大学3大会連続11回目関西地区選考競技会2位(1万メートル上位8名の合計タイム)関 西 学 院 大22
関 西大阪経済大学3大会ぶり23回目関西地区選考競技会3位(1万メートル上位8名の合計タイム)大 阪 経 済 大23
中国四国環太平洋大学2大会ぶり2回目中国四国地区選考会1位(10キロ上位8人の合計タイム)環 太 平 洋 大24
九 州第一工科大学2大会ぶり25回目九州地区選考会1位(5千メートル上位8名の合計タイム)第 一 工 科 大25
日本学連日本学連選抜チームオープン参加日 本 学 連 選 抜26
東海学連東海学連選抜チームオープン参加東 海 学 連 選 抜27

最終オーダー

11/7更新:オーダーが確定しました。駒澤大は鈴木芽吹が欠場でちょっと苦しいです。逆に青学、東洋、早稲田あたりは強そうな布陣です!

全日本大学駅伝2021の順位・優勝予想

全日本大学駅伝のコースの特徴は、

  • 後半の区間ほど距離が長くなる
  • 各区間ごとの距離の差が大きい
  • 箱根より各区間の距離は短いが、出雲よりは長い

という点です。

勝負のポイントは、適材適所の区間配置と、

差がつきやすい後半区間、特にアンカーの19.7kmを走れるエースの存在です。

昨年はアンカーで駒澤の田澤が、東海の名取とのエース対決を制しました。

1位予想:駒沢大

アンカー田澤の安心感。しかし下級生は不安定?

https://www.instagram.com/p/CU90V6RPnjM/

全日本大学駅伝52回の歴史で最多13回の優勝を誇り、大会との相性はバツグン。

今年は連覇を目指します。

持ちタイムトップで層が厚いという評判で、監督アンケートでは多くの監督が優勝候補に挙げました。

層の厚さに加え、大エース田澤をアンカーに置ける点も強み。

しかし10月の出雲では1、2年生主体のメンバーで臨んだ結果、5位。

唐澤、赤津という持ちタイムのある下級生が、経験不足が影響したのか凡走しました。

今回の全日本も、エントリーメンバーを見ると下級生が主体。

さらに鈴木芽吹は大腿部の疲労骨折で復帰できるか微妙。

優勝候補筆頭ではありますが、決して安泰ではありません。

※上級生のエントリーが少ないのは、箱根アンカーの石川さんが逮捕され退部、酒井亮太さんもなぜか退部したことも影響しています。

2位予想:青山学院大

ニュースター横田が誕生し、選手層はさらに充実

https://www.instagram.com/p/CU2BDO6N4fQ/

ユニークな腕振りで駅伝ファンにはお馴染みの横田俊吾(3年)が、出雲のアンカーで田澤に次ぐ区間3位をマーク。

実力者がついに覚醒しました。

青学には駅伝未経験ながら関東インカレハーフマラソン優勝の西久保遼(3年)らも控えており、層の厚さは出場チーム中トップかもしれません。

懸念点は、アンカー候補の飯田貴之(4年)が出雲で区間7位と不調だったこと。そしてそもそも、駒澤の田澤のような絶対的エースを欠いていることです。

アンカーに繋ぐまでに、駒澤よりある程度リードしておくことが優勝の条件になります。

3位予想:國學院大

エース藤木が復調すれば優勝争い

https://www.instagram.com/p/CE_jjMgpIpn/

出雲では3区藤木以外は実力を出し切り、4位でフィニッシュしました。

出雲でアンカーの大役を務めた1年生の平林は、果敢な走りで一時2位に立つなどインパクトを残しました。

さらに同じく1年の鶴元太も、10月24日の記録会でPBの10000m29分07秒をマークしており好調。全日本でのオーダー入りも十分にあり得ます。

上級生と下級生の力がキャプテンの木付琳(4年)の元でまとまれば、3位に入ることは十分可能でしょう。

4位予想:東京国際大

今季絶好調。しかし「出来過ぎ感」も漂う

https://www.instagram.com/p/CU4inDtp0qa/

出雲では初出場ながら「圧勝」。

ヴィンセントの一発逆転での優勝は事前に予想されていましたが、

まさかの前半からずっとトップをキープし、アンカーのヴィンセントでそのまま独走。

もはやアンカーがヴィンセントでなくても余裕で優勝できたレベルでした。

しかし、前回の箱根10位、昨年の全日本でも10位だったことを考えると、私個人は「出来過ぎ」かなと見ています。

区間数が増え、相対的にヴィンセントの影響力が落ちる全日本では、4位くらいが妥当ではないかと思います。

5位予想:早稲田大

勝てそうで勝てないチーム

https://www.instagram.com/p/CU933Q-PLB5/

持ちタイム平均は出場チーム中2位。

かなり豪華なメンツは揃っており、ここ1~2年は期待の声も多いですが、なかなか駅伝で勝てません。

早稲田はスカウトが強い印象で、今年も1年生に石塚陽士伊藤大志という強力ルーキーを擁しています。

下級生が序盤で快走して、いい流れを作ってくれれば、後半区間で中谷、太田直希、井川の10000m27分台トリオが力を発揮しやすくなるんじゃないかと思います。

シーズン当初の目標は「3大駅伝3冠」だったそうで、まずは1勝してブレークして欲しいですね。

6位予想:順天堂大

三浦龍司がアンカーなら上位争いへ

https://www.instagram.com/p/CR6LnscpG8g/

出雲を欠場した三浦龍司(2年)が全日本にはしっかりとエントリー。

出雲では10位でしたが、4人の選手が区間5位以上で走るなど、実力の片鱗は見せました。

三浦は箱根予選会のハーフマラソンでも日本人トップになったことがあり、3000m障害が専門ではありますが、長い距離への対応力もあります。

持ちタイムは出場チーム中3位と素晴らしく、流れに乗れば優勝争いも不可能ではありません。

7位予想:明治大

予選会で圧勝し、勢いに乗る。

https://www.instagram.com/p/B-71w0LjTSJ/

10月23日の箱根駅伝2022予選会では余裕のトップ通過。

鈴木聖人手嶋がダブルエースとして注目されていましたが、箱根予選会のチームトップは加藤大誠(3年)。

児玉櫛田も好走しており、タレント揃いです。

箱根予選会から2週間後ということで、疲れやピーキングの面が少し心配です。

8位予想:東洋大

宮下、松山が無事エントリー。フルメンバーなら優勝争いも。

https://www.instagram.com/p/CVCJvwXPSxf/

出雲を欠場した宮下、松山が全日本にはエントリー。

出雲はエース2人を欠く中、見事3位に入りました。

東洋の選手は駅伝になると魔法にかかったように強くなります。

東洋の力は持ちタイムでは測れないので、予想が難しいです。

9位予想:東海大

石原翔太郎が欠場。出雲に続き低空飛行か。

https://www.instagram.com/p/CJ47P4qpQIG/

出雲に続き、エースの石原翔太郎が欠場。

出雲では見せ場を作れないまま9位に沈みましたが、全日本でも同様の展開が予想されます。

近年の大学駅伝をリードしてきた存在ですが、そろそろ影が薄れてゆくかもしれません。

10位予想:帝京大

地味だが層は厚い

https://www.instagram.com/p/CU8s_ynhuD0/

出雲では8位。

このチームも東洋と同じく、持ちタイム以上の力を発揮してくる印象です。

前回の箱根5区区間賞の細谷翔馬(4年)が登場するかにも注目です。

参考情報

出雲駅伝2021のリザルト

全日本大学駅伝2020のリザルト

全日本大学駅伝2021関東予選のリザルト

箱根駅伝2022予選会のリザルト

10000m平均タイム(上位10選手)

関東の大学のみ掲載しています。

大学名平均タイム
駒澤大28.23.00
早稲田大28.34.81
順天堂大28.36.50
明治大28.36.61
中央大28.39.64
東海大28.40.90
青山学大28.42.50
國學院大28.47.50
東京国大28.48.53
中央学大28.50.18
日本体大28.58.05
東洋大28.59.69
拓殖大29.00.64
法政大29.08.06
帝京大29.08.08

まとめ

いかがだったでしょうか?

予想していて思ったことは「例年以上に、どこが勝ってもおかしくない」ということです。

イメージ的には

2強<駒澤、青学> + <國學院、東京国際、順天堂、明治、東洋>

のような感じですが、

2強も全然飛び抜けてはいないです。

多分接戦になって、とても面白いレースになると思います。

今から楽しみですね!

大学駅伝ランナーの「好きな女性有名人」一覧【箱根2022】

2021年12月24日

【2022年3月卒業】大学駅伝4年生の進路一覧【随時更新】

2021年12月3日

大学駅伝のイケメンTOP15【2022箱根駅伝】青学や駒澤がレベル高い!

2021年10月3日