クロカン日本選手権2019の出場選手一覧や注目選手、テレビ中継は?

※2019/3/28追記※
世界クロカンの記事をアップしました。よろしければこちらもご覧ください。

—————————–

今年も2月23日(土)、クロカン日本選手権こと第102回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走が開催されます。

昨年は大迫傑選手がエントリーして注目を集めましたが、今年も箱根ランナーをはじめ、全世代のトップ選手が集結します!

今回はそんなクロカン日本選手権の出場選手や注目選手、テレビ中継などをまとめてみました。

クロカン日本選手権2019  テレビ中継は?

クロカン日本選手権2019は、2019年2月23日(土)午後3:30より、TBS系列で全国放送されます。

RKB毎日放送の番組情報

クロカン日本選手権2019とは?

クロカン日本選手権は、福岡市の国営海の中道海浜公園で開催され、

コースは芝生の不整地で、小刻みなカーブやアップダウンが多いのが特徴です。

シニアの部は男子10km、女子8kmです。

クロカンは筋力アップやフォームの改善に良いとされ、

多くのトップの長距離ランナーがトレーニングに取り入れています。

ランナーとしてのスケールアップを目指し、

この大会に出る一流ランナーも多いようですね。

クロカン日本選手権2019の出場選手は?

出場選手一覧

シニア男子10kmの出場選手を見る

U20男子8kmの出場選手を見る

シニア女子8kmの出場選手を見る

U20女子6kmの出場選手を見る

クロカン日本選手権2019の注目選手は?

中谷雄飛(なかや ゆうひ・早稲田大学1年)

生年月日:1999年6月11日
身長/体重:169センチ/58キロ
出身地:長野・下諏訪町
出身高:佐久長聖
10000m自己ベスト記録:29分07秒77

ジュニア世代では無敵だったこの選手が、

ついにシニアの部に参戦します。

2017年クロカン日本選手権 U20の部では、高校2年ながら、一学年上の西山和弥らを抑え優勝。

前回のクロカン日本選手権 2018でも余裕の連覇を果たしました。

箱根駅伝2019では区間賞は取れませんでしたが、

今大会でポテンシャルを発揮すれば優勝できるでしょう。

西山和弥(東洋大学2年)

生年月日:1998年11月 5日
身長/体重:167センチ/53キロ
出身地:群馬・伊勢崎市
出身高:東農大二
10000m自己ベスト記録:28分35秒72

クロカン日本選手権2017では、U20の部で中谷に1秒差で敗れ3位。

しかしながら、日本代表として臨んだ世界クロカン2017では、ジュニアの部で日本人最高の27位に。

前回のクロカン日本選手権2018ではシニアの部で、あの大迫傑に食らいつき、

大迫と5秒差の3位に入りました。

塩尻和也(順天堂大学4年)

生年月日:1996年11月 8日
身長/体重:170センチ/54キロ
出身地:群馬・伊勢崎市
出身高:伊勢崎清明
10000m自己ベスト記録:27分47秒87

学生駅伝界の日本人ナンバーワンランナーが、

満を持してクロカン日本選手権に初出場します。

2017年、2019年はエントリーしたもののDNS(出場辞退)。

クロカンの経験はあるの?と疑問に思いますが、

大学1年時、2016年の千葉クロカン(世界大学クロカン選考レース)に出場し、

5位に入り、学生日本代表に選ばれました。

さらにイタリアで開催された世界大学クロカン2016では日本人最高の5位に入り、

十分な実績を残しています。

もともと3000m障害が専門の選手だけに、

クロカンの不整地への対応は問題ないと考えられます。

市田孝(旭化成)

生年月日:1992年6月16日
出身地:鹿児島・鹿児島市
出身大:大東文化大学
10000m自己ベスト記録:27分53秒59

クロカン日本選手権2016で、神野大地、田村和希らを抑えて優勝しました。

ニューイヤー駅伝2019では4区16位と調子は下降気味でしたが、

この大会での復調を期待しましょう!

弟は、同じく旭化成に所属する市田宏です。

https://www.instagram.com/p/BiZ589wnnVQ/

鬼塚翔太(東海大学3年)

生年月日:1997年9月13日
身長/体重:170センチ/52キロ
出身地:長崎・松浦市
出身高:大牟田
10000m自己ベスト記録:28分17秒52

クロカン日本選手権2017では、東遊馬(九電工)とデッドヒートを制し、タイム差なしで優勝しました。

この写真を見てもらえば、本当に僅差だったことが分かります。

2月11日現在は、アメリカで大迫選手と合宿中のようですが、

今大会に向けて帰国するとみられます。

https://www.instagram.com/p/Btr1qbHnYcD/
https://www.instagram.com/p/BaEW6hYhB6m/

高松智美ムセンビ(名城大1年)

生年月日:2000年2月23日
出身地:大阪府
出身高:大阪薫英女学院高
5000m自己ベスト記録:15分26秒76

父がケニア人で、母は日本人。

姉に高松望ムセンビがいます。

高校2年で出場したクロカン日本選手権2017では、ジュニア女子6kmで優勝。

世界クロカン2017のジュニアの部では、

日本人最高の15位をマークしました。

しかし高校3年時、連覇を目指したクロカン日本選手権2018では、

当時高校2年の廣中璃梨佳に8秒差で敗れ2位でした。

https://www.instagram.com/p/BngkUjtgKZO/

田中希実(ND28AC、同志社大1年)

生年月日:1999年9月4日
出身地:兵庫県小野市
出身高:西脇工高
5000m自己ベスト記録:15分15秒80

クロカン日本選手権、初出場となりそうです。

2018アジアクロスカントリー選手権に出場し、ジュニア6kmで4位。

同じ日本代表として出場した

廣中璃梨佳、高松智美ムセンビには及びませんでした。

しかし、世界ジュニア選手権3000m金メダリストであり、

世界レベルのスピードを持っています。

まだ19歳で成長著しいことから、優勝も十分にありえます。

https://www.instagram.com/p/BlHdv3kFBmF/

堀優花(パナソニック)

生年月日:1996年6月13日
出身地:岐阜県
出身高:豊川工業
5000m自己ベスト記録:15分23秒53
10000m 自己ベスト記録:31分59秒80

クイーンズ駅伝2018では、5区で区間記録をマークし、

パナソニックの優勝に貢献しました。

クロカン日本選手権 2017では惜しくも2位でした。

その後出場した世界クロカン2017では、

日本人最高の24位で実力を示しました。

トラックでは日本代表を何度も経験している有力選手です。

廣中璃梨佳(ひろなか りりか・長崎商高3年)

生年月日:2000年11月24日
出身地:長崎県
3000m自己ベスト記録:8分56秒29

U20女子6kmにエントリーしています。

全国女子駅伝4区区間記録保持者。

全国女子駅伝2019では、

通常は大学生、実業団が走る1区で、なんと区間賞を獲得。

クロカン日本選手権 2018ではU20の部で優勝。

1学年上の高松智美ムセンビ、田中希実にも勝ちました。

今大会では連覇がかかりますが、

順当に行けば、余裕で優勝するはずです。

アジアクロスカントリー選手権2018ジュニア6kmでも銀メダルを獲りました。

和製ラドクリフとも呼ばれる、ダイナミックな走りが魅力です。

その他にも、小松陽平(東海大学4年)、田村和希(住友電工)、服部弾馬(トーエネック)、鈴木塁人(青山学院大4年)、今西駿介(東洋大4年)、出水田眞紀(立教大4年)、渡邊菜々美(パナソニック)ら有力選手がエントリーしています。

しかし、例年おおよそ3分の1の選手が出場辞退(DNS)するため、現時点ではどの選手が出場するか予想しづらい状況です。

クロカン日本選手権2019の見どころは?

制作著作の権利を持つRKB毎日放送の特設サイトでは、

塩尻選手、鬼塚選手、西山選手らが「出場予定選手」としてピックアップされており、

名前が載っている選手は出場の可能性が高いと思います。

学生ナンバーワンの塩尻選手が出れば、

ますます大会が面白くなりそうです。

タフさと巧みな駆け引きが要求される「陸上の格闘レース」、今から楽しみですね!