【トータルバランス最強】ナイキ ペガサス 36が抜群の安心感はそのままに軽量化!

2019年6月1日、人気シリーズの「ペガサス」からナイキ エア ズーム ペガサス 36が発売されました。

ペガサスファンの私は発売日に即買いし、さっそく履いてみました。今回はレビューしていきます。

※ちなみに、私が履いたことのあるペガサスシリーズは、33、34、ターボです。

完璧なペガサスがさらに軽量化

ペガサスって何がいいの?

この質問は、答えるのがけっこう難しいです。。

というのも、何か大きな特徴があるわけではなく、トータルのバランスが最高だからです。

ナイキのヴェイパーフライやアシックスのメタライドのように、ひと目でわかる革新性はありません。履いたときの感動やワクワク感もありません。

ペガサス36を履いたときも、特に感動はありませんでした。

しかし、36年にわたって試行錯誤された、反発力とクッションの完璧なバランスがあります。使いつづけることで、この靴のスゴさに気付くのだと思います。

サブ4レベルのレースシューズに最適

私はハーフの自己ベスト1:38:36 をペガサス33で出しました。

色々試しましたが、ギリサブ4レベルの私にとっては、ペガサスが一番タイムが出やすいのです。

ズームフライルナグライドではどうも結果が出ません。

ルナグライドだとちょっとソールが柔らかすぎ。
でもズームフライだとどこか安定せず、長い距離はしんどい。

そんな方にはペガサス36はぴったりです。

スリムなシュータンでもフィット感は抜群

36からシュータンが短く、そして薄い素材になっています。

こちらを見ればわかるように、ペガサス36のシュータンはズームフライとほぼ同じになっているのです。

この改良により、27cmで261gから254gまで軽量化に成功しています。

心配なのはフィット感の低下ですが、履いてみた感想としてはフィット感はまったく問題なしです。 一番上のシューレースホールも使えば、さらにフィット感は高められます。

キーカラーのグリーンが好きすぎる

このグリーン、上品で爽やかで、めちゃくちゃ気に入っています。

キービジュアルで見るより実物はもう少し白っぽい印象でした。

今年4月にお披露目されたな最上位モデル・ヴェイパーフライ ネクスト%と統一性を持たせたカラーリングとなっています。

グリーンはインパクトもありつつ落ち着いたカラーリングなので、がんばれば普段履きもできるレベルです。

私は買っていませんが、このガムソール風のブラックなどは普段履きに使いやすそうですね。

余談ですが、こんなところにもスウッシュが入っていました。

防水性は大丈夫?通気性の代償?

ペガサス36のアッパーをよく見ると、一部素材が薄くなっている「通気孔」があることがわかります。

この通気孔により、通気性がアップしています。

そこで気になるのが、通気孔から水が入ってくるんじゃないかということ。

まだ雨天で試したことがないのでわかりませんが、おそらく雨はじゃんじゃん入ってくると思います。

通気性と防水性が逆の性質であることは一般的な事実です。

ただし、アッパー素材が薄くなったということは、水を吸い込む量も減るということ。したがって、水を吸ってシューズが重たくなることも避けられます。

たとえばヴェイパーフライ エリート フライプリントは、湿気を吸い込まない素材を採用しています。

確かに練習用シューズとしては防水性の低さは欠点となりますが、レース時にはプラスに働くこともあるでしょう。

まとめ

36年続くベストセラーだけあって、本当に安心感があります。

車でいうとプリウスに似ており、機能、デザインともに万人受けする王道ポジションです。

スポーツショップの店員も、迷ったらペガサスをお勧めしていると聞いたことがあります。

みなさんもぜひ、ペガサス36を履いてみてください!

たぶん、最初は「まあまあかな」という程度ですが、最終的には欠かせない相棒になっているはずです。

【名作をアップデート】ナイキ ペガサス 36の重さや耐久性、通気性は?何が進化した?

2019年6月1日

ペガサス ターボが値段さえ安ければ天下を取る理由3つ

2019年2月16日