【名作をアップデート】ナイキ ペガサス 36の重さや耐久性、通気性は?何が進化した?

日本の陸上界に厚底ブームを巻き起こし、シェアを拡大しているナイキ。

そんな流行のナイキのランニングシューズの中で、看板モデルとなっているのが「ペガサス」シリーズ(1983年~)です。

昨年、厚底シューズの要素を取り入れ大幅アップデートした「ナイキ エア ズームペガサス 35」が発売され、ランナーからは高い評価を得ているようです。

そして2019年6月1日、「ナイキ エア ズームペガサス 36」が発売されました

この最新作をくわしく見ていきましょう。

ペガサス 36の重さは?

ペガサス 35の重量は、261グラム(メンズ27cm)と言われています。

一方、ペガサス 36の重量は254グラム(メンズ27cm)でした。軽量化されていますね!

ペガサス 36の耐久性は?

練習用シューズであるペガサスシリーズは高い耐久性を持っており、1000km程度までは耐えられます。

ただし、35から36になってもアウトソールの見た目はまったく変わっていないため、耐久性はほぼ変化なしと考えた方がよいでしょう。

ペガサス 36は何が進化した?

進化1. アッパーの通気性

最大の進化は通気性です。

NIKEオンラインストアの情報では、

「アッパーの通気孔とエンジニアードメッシュを増量して、熱がこもりやすい部分の通気性をピンポイントで強化します」

とあります。

確かに、シューズの画像を見るとアッパー部分にタテジマのような模様があり、その部分が通気孔の役割を果たしているようです。

進化2. 履き口のスリム化

その他の進化として、NIKEオンラインストアではこう書かれています。

履き口のヒール部分とシュータンをスリムにすることで、快適な履き心地はそのままにかさばりを軽減

たしかに写真からも、シュータンが短くなっていることが分かります。

その他、これは35からの踏襲ですが、クッショニングは男女それぞれに合わせて微調整してあります。

まとめ

ペガサスは、マラソン完走を目指す初心者のレースシューズとしても、

大迫傑やキプチョゲのようなトップランナーのトレーニングシューズとしても使えます。

まさに「万能シューズ」

ナイキに興味はあるけど踏み出せない、という方は、最初のモデルとして定番のペガサスを選ぶのは良いと思いますよ!

私はペガサス 36を購入予定ですので、実際に履き次第、レビューいたします。

ペガサス ターボが値段さえ安ければ天下を取る理由3つ

2019年2月16日