ニューイヤー駅伝2020の優勝予想や注目選手、テレビ・ライブ配信は?※結果追記

2020年1月1日、新年恒例のニューイヤー駅伝が開催されます!

今大会にはオリンピック出場を決めた服部勇馬(トヨタ自動車)も出場予定。一方、中村匠吾の富士通は予選で姿を消しました。

王者・旭化成が4連覇を成し遂げるかにも注目です!

それでは、ニューイヤー駅伝2020の放送予定や優勝予想、注目選手をご紹介していきます。

ニューイヤー駅伝2020の放送予定

テレビ放送

2020年1月1日あさ8時30分より、TBS系列で全国生中継されます。

ライブ配信

有料の動画配信サイト「Paravi」でライブ配信されます。
https://news.paravi.jp/191220_newyearekiden/

ニューイヤー駅伝2020の出場チーム

チーム名出場回数前年順位
旭化成34年連続57度目1位
MHPS11年連続24度目2位
トヨタ自動車31年連続41度目3位
コニカミノルタ35年連続45度目5位
トヨタ自動車九州11年連続18度目6位
マツダ18年連続55度目7位
カネボウ5年連続57度目8位
中国電力28年連続28度目9位
SUBARU20年連続20度目10位
安川電機30年連続42度目11位
小森コーポレーション2年連続36度目12位
中電工24年連続24度目13位
住友電工3年連続6度目14位
九電工45年連続51度目15位
トーエネック8年連続10度目17位
日立物流8年連続8度目18位
愛知製鋼15年連続36度目19位
トヨタ紡織23年連続23度目21位
黒崎播磨9年連続32度目22位
ヤクルト7年連続40度目23位
ホンダ36年連続37度目24位
NTT西日本12年連続55度目25位
YKK28年連続30度目27位
プレス工業11年連続11度目28位
NTN15年連続56度目29位
愛三工業19年連続19度目30位
西鉄5年連続17度目31位
JR東日本2年連続14度目32位
SGHグループ25年連続26度目33位
中央発條6年連続37度目34位
セキノ興産4年連続5度目35位
ひらまつ病院3年連続3度目36位
GMOアスリーツ初出場
警視庁2年ぶり5度目
コモディイイダ初出場
大阪ガス4年ぶり8度目
JFEスチール3年ぶり43度目

区間エントリー速報

ニューイヤー駅伝2020の優勝予想

2019年の結果
関東予選の結果
関西予選の結果
中部・北陸予選の結果
九州予選の結果
中国予選の結果

旭化成 – 優勝確率50%

九州予選では大会新記録を叩き出し、満を持して4連覇に挑戦します。

注目は、東洋大エースだったルーキーの山本修二。九州予選では区間5位とイマイチでしたが、大一番で学生時代のような果敢な走りを見せてくれるかもしれません。

前回は揃って出場した村山兄弟は、予選では出番なしも、決勝ではおそらくどちらかは出場するでしょう。

市田宏は甲佐10マイルで優勝、市田孝は予選で区間新と、市田兄弟も調子が上がっています。

今年も盤石な布陣です。

トヨタ自動車 – 優勝確率30%

前回は優勝争いに絡むも3位。

今年はなんと言っても服部勇馬の走りに期待する人も多いでしょう。東京オリンピックが最優先ですので、欠場でもいいよ…と思いつつも、服部の力強い走りは見てみたいです。

あとは、最近長い距離へ適応してきている藤本拓も見逃せません。福岡国際マラソンでは、途中まで日本記録ペースで押し、最後まで日本人トップを守り切りました。

藤本が勝負を左右する4区の20キロで力を発揮すれば、優勝も見えてきます。

MHPS – 優勝確率5%

前回の旭化成とのデッドヒートは凄まじく、いまだに頭から離れません。

今回は九州予選では5位と、調子が上がっていないように見えます。

ただ、MGCでは撃沈した井上大仁が区間賞を獲得し、確かな実力を示しました。まずは井上大仁が区間賞を取り、木滑良、岩田勇治といったMGC勢が力を発揮すれば、昨年のような「確変モード」に突入するかもしれません。

個人的には、井上がアシックスを履くのか、予選と同じくナイキのヴェイパーフライを履くのかに注目しています。

コニカミノルタ – 優勝確率5%

関東予選では見事優勝。

山本浩之や野口拓也など、知名度はやや低いものの、実力のあるベテラン選手が多く揃っています。

優勝5回を誇る名門の復活なるか。

Honda – 優勝確率5%

昨年は設楽悠太の欠場もあり、24位。

ただ、関東予選では2位と上々の結果を出しました。

東京マラソンで日本記録を目指す設楽が出場するのか、注目です。

個人的には中央大からHondaに進んだルーキーの中山顕にも期待しています。

悲願の初優勝の可能性はゼロではありません。

GMOアスリーツ – 優勝確率5%

ニューイヤー駅伝に初登場!

森田歩希、一色恭志、下田裕太、林奎介といった青学黄金世代のメンバーが勢揃いするので、話題性は抜群。さらに、元青学の補欠だった橋本崚も力を付けて参戦します。

もし、予選は走らなかった外国人選手が走れば、優勝が一気に近づきます。

大学駅伝ファンにとっては要チェックなチームです。

その他の注目チーム

関西予選で優勝したSGホールディングス、中国予選で優勝したマツダにも期待です。

住友電工は、田村和希が出場すれば上位進出もあり得ます。

今年1月の駅伝中に車にはねられ流血した中電工の小山大介も、無事回復して出場見込みです。

駅伝中に車にはねられた小山大介選手(中電工)のプロフィール、流血したその後は?

2019年2月1日

まとめ

最終的なオーダーが決まる前の予想なので、なかなか難しいですが、予選のメンバーからほとんど変わらないとすれば、【旭化成】と【トヨタ自動車】の2強と言って間違いないと思います。

どうしても箱根駅伝の方に注目が集まりがちですが・・・ランナーとしての実力は、ニューイヤー駅伝の方が断然上です!

本物の駅伝ファンならニューイヤー駅伝は見逃せません!

ニューイヤー駅伝2020の結果

>>>選手別のリザルトはこちら

順位チーム名タイム
1旭化成4:46:07
2トヨタ自動車4:48:36
3Honda4:49:30
4JR東日本4:50:40
5GMOインターネットグループ4:50:46
6愛三工業4:51:32
7ヤクルト4:51:33
8コニカミノルタ4:51:36
9カネボウ4:51:37
10マツダ4:51:39
11安川電機4:51:40
12トヨタ自動車九州4:52:47
13トヨタ紡織4:52:50
14中電工4:53:21
15大阪ガス4:53:22
16住友電工4:53:31
17MHPS4:53:41
18SUBARU4:53:41
19中国電力4:53:43
20小森コーポレーション4:54:13
21日立物流4:54:30
22SGホールディングスグループ4:54:33
23黒崎播磨4:54:35
24NTT西日本4:55:12
25九電工4:55:13
26トーエネック4:55:25
27西 鉄4:56:01
28JFEスチール4:56:36
29愛知製鋼4:56:53
30警視庁4:58:31
31中央発條4:58:46
32YKK4:58:49
33NTN4:58:54
34プレス工業4:59:25
35コモディイイダ5:00:47
36セキノ興産5:02:27
37ひらまつ病院5:07:50

【箱根駅伝2020】優勝予想と戦力分析

2019年12月14日

【2020年3月卒業】大学駅伝4年生の進路一覧【随時更新】

2019年10月5日