【日本語に翻訳】世界陸連の厚底シューズ新ルール全文

1月31日、ワールドアスレティックス(世界陸連)は、ナイキの厚底シューズによる相次ぐ記録更新などを踏まえ、陸上の競技用シューズに対する新たなルールを決定しました。

ワールドアスレティックスによるリリースの日本語訳を下記に掲載します。
原文:World Athletics modifies rules governing competition shoes for elite athletes

原文がかなり役所的な堅苦しい文章となっているため、翻訳も読みにくいと思います。ご容赦ください。

ワールドアスレティックスは、エリート選手の競技用シューズに関するルールを修正します。

ワールドアスレティックスは今日、世界中のアスリートやシューズメーカーに明確なルールを示し、スポーツの高潔性を保護するために、競技用シューズに関するルールを修正しました。

今週、ワールドアスレティックス評議会が承認したルール改正は、技術、科学、法律の専門家とアスリートの代表者を含む内部作業グループであるアシスタンス・レビュー・グループからも推薦を受けています。

2020年4月30日からは、いかなるシューズも競技で使用するためには、競技前の4か月間は、すべてのアスリートがオープンな小売市場(オンラインまたは店頭)を通して購入可能な状態であることが必須となります。

そのシューズがすべてのアスリートにとって購入可能ではない場合、それはプロトタイプ(試作品)とみなされ、競技では使用できません。すべてのアスリートが入手可能で、かつルールに適合しているという条件下であれば、美観上の理由、または特定のアスリートの足の特性に合わせて医学的理由によりカスタマイズされたシューズは許可されます。

ワールドアスレティックスは特定のシューズや技術が、ルールまたはルールの精神に準拠していない可能性があると考えるに足る理由がある場合、そのシューズや技術を研究対象とし、審査中はそのシューズや技術の使用を禁止することができます。

さらに、次の要件を満たさないシューズ(スパイクを含む)は、ただちに無期限の使用停止となります。

  • ソールの厚さは40mm以下でなければなりません。
  • シューズには、全長であるか一部であるか、そして素材を問わず、2枚以上の剛性のプレートやブレードを内蔵させることはできません。プレートは複数のシューズパーツに配置できますが、これらのパーツは1つの平面上に並んでいる(積み上げ式や平行ではない)必要があり、オーバーラップしてはなりません。
  • スパイクの場合、スパイクのピンをソールに取り付ける目的に限り、(上記のプレートに加えて)追加のプレートまたは他の仕組みを使用できます。そしてソールの厚さは30mm以下でなければなりません。

競技者が着用したシューズがルールを遵守していない合理的な疑いがある場合、競技審判員は競技者に対し、レース終了後、ただちに検査のためにシューズを提供するよう要求できます。

アシスタンス・レビュー・グループの結論によると、道路の裏とスパイクシューズに組み込まれた新技術が、パフォーマンス上の利点をもたらす可能性を示す独立した研究はたしかに存在し、そして最近のシューズ技術の発展により、スポーツの高潔性が脅かされる可能性があるという懸念の高まりには十分な根拠があります。

したがって、この技術の真の影響を立証するためにさらなる調査を実施する必要があり、バイオメカニクスの専門家やその他の適任な専門家で構成される新しいワーキンググループを設立して、この調査を監督し、必要であれば、市場に参入する新しいシューズを審査することも望まれています。シューズメーカーはこの審査プロセスに参加するよう、招待されることになるでしょう。

ワールドアスレティックスのセバスチャン・コー会長は次のように述べています。

「長い間、入手可能だったシューズを、オリンピックイヤーに入ってから排除することはできないと考えています。しかし今後のシューズについては、市場調査の途中であっても、使用を禁止し、線を引くことができます」

「これらの新しいルールは、アスリートとメーカーが東京オリンピックへ向けた準備をするにあたって確かな指針を提供するとともに、シューズ技術に関して提起されている懸念に対処することで、適切なバランスを取っていると考えています。ルールの厳格化が必要であることを示すさらなる証拠が見つかった場合、私たちはスポーツを保護するためにそれを実行する権利を持っています。」

「国際技術担当官のブライアン・ローが議長を務めるアシスタンス・レビュー・グループによる、この問題に対する熱心な調査と、健全な指導に感謝します。」

ワールドアスレティックスは現在、シューズ技術に関する将来の研究を先導し(そして、その研究がはらむ規制上の影響を考慮し)、市場に登場する新しいシューズを評価するために、専門のワーキンググループを立ち上げています。このグループは、競争委員会、そして最終的には評議会にレポートを提出します。

ワールドアスレティックスは、改正されたルールとその影響、そしてシューズの技術・革新とスポーツの高潔性の保護に対するワールドアスレティックスの正当な関心のバランスについての、シューズメーカーと他の利害関係者による継続的な対話を受け入れています。

東京オリンピックのマラソン代表一覧【世界の主要国】

2020年3月8日