仙台国際ハーフマラソン2019のスタート時間、テレビ&ライブ放送、招待選手は?結果速報も!

5月12日(日)、杜の都ハーフこと、第28回仙台国際ハーフマラソンが開催されます。

9月のMGCに向け、今大会ではMGCファイナリストがなんと10人以上出場予定!

MGCに向けた各選手の仕上がり具合を確認できそうです。

ドーハ世界陸上への参戦を表明する川内優輝にも注目です!

今回は仙台国際ハーフマラソン2019のスタート時間、テレビ&ライブ放送、招待選手・注目選手について調べてみました。

※結果はレース直後に更新いたします。

結果 ※5/12更新

【男子】
1位 ムティソ(NDソフト)1:01.10
2位 佐藤悠基(日清食品)1:02.30
3位 村山謙太(旭化成)1:02.47
4位 橋本崚(GMOアスリーツ)1:02.55
5位 ムワンギ 1:02:56
6位 照井明人(NDソフト)1:03.01
7位 神野大地(セルソース)1:03.05
8位 竹ノ内佳樹(NTT西日本)1:03.08
9位 三浦洋希(日清食品グループ)1:03.14
10位 今井正人(トヨタ自動車九州)1:03.19
11位 中本健太郎(安川電機)1:03.27
12位 松本稜(トヨタ自動車)1:03.37
13位 郡司貴大(小森コーポレーション)1:03.43
14位 川内優輝(あいおいニッセイ同和損害保険) 1:04.27

【女子】
1位 野上恵子(十八銀行)1:09.27
2位 小原怜(天満屋)1:10.25
3位 吉本ひかり(ダイハツ)1:12.39
4位 竹山楓菜(ダイハツ)1:12.58
5位 竹本香奈子(ダイハツ)1:13.14
6位 鈴木千晴(日立)1:14.03

スタート時間は?

ハーフマラソンエリートの部のスタート時間は5月12日(日)10時05分です。

全種目のスタート時間一覧は大会HPから

テレビ&ライブ放送は?

TBS系列東北6県ブロックネット(東北放送/青森テレビ/IBC岩手放送/テレビユー福島/テレビユー山形)および秋田放送で生中継されます。

東北放送は9:54から、他のTBS系列局と秋田放送は10:00から放送されます。

残念ながら、東北地方以外でのテレビ放送はありません。

しかし、2018年はTBC東北放送の公式YouTubeチャンネルにて定点カメラによるライブ配信が実施されました。

定点カメラなのでトップ集団の観戦には不向きですが…東北地方以外の方はYouTubeを覗いてみてください。

招待選手・注目選手は?

>>>招待選手一覧はこちら
http://www.sendaihalf.com/doc/guest2019.pdf

4月26日、高久龍(ヤクルト)、谷川智浩(コニカミノルタ)、田中龍成(東洋大学)、森田詩織(パナソニック)ら12名の欠場が発表されました。
http://www.sendaihalf.com/uploads/files/2019ketsujo0426.pdf

以下では、特に活躍が期待される注目選手をご紹介します。

川内優輝(かわうち ゆうき)

所属:あいおいニッセイ同和損害保険
大学:学習院大学法学部政治学科卒業
生年月日:1987年3月5日(32歳)
出身地:東京都世田谷区
(埼玉県北葛飾郡鷲宮町(現:久喜市)育ち)
身長:175cm
体重:62kg
自己ベスト
ハーフ:1時間02分18秒(2012年)
マラソン:2時間08分14秒(2013年)

「公務員ランナー」としておなじみでしたが、今年3月末に埼玉県庁を退職し、4月からはプロランナーに転身しました。

フルマラソン2時間10分以内の「サブテン」を日本最多の13回記録

粘り強い走りが持ち味の「鉄人」です。

ボストンマラソン2018では31年ぶりの日本人優勝という快挙も成し遂げました。

MGCは出場辞退し、今年9月のドーハ2019世界陸上へ参戦することを表明しています。

神野大地(かみの だいち)【MGC出場】

所属:セルソース
大学:青山学院大学陸上競技部卒業
生年月日:1993年9月13日(25歳)
生誕地:愛知県の旗・愛知県津島市
身長:165cm
体重:45kg
自己ベスト
ハーフマラソン:1時間01分04秒 (2017年)
マラソン:2時間10分18秒(2018年)

青学時代は山登り区間で新記録を打ち立て、「三代目山の神」となりました。

フルマラソンでは腹痛や低体温症に悩まされ思うような結果をなかなか出せませんでしたが、東京マラソン2019でなんとかMGCへの切符を掴みました。

今年4月にはエチオピア合宿で、世界のトップ選手とハードなトレーニングを敢行。

ハーフマラソン日本歴代10位の記録を持っており、丸亀ハーフ2018ではあの大迫傑にも競り勝りました。その実力を見せられるでしょうか。

橋本崚(はしもと りょう)【MGC出場】

所属:GMOアスリーツ
大学:青山学院大学国際政治経済学部
生年月日:1993年9月26日(25歳)
生誕地:大分県の旗大分県由布市
身長:170cm
体重:54kg
自己ベスト
ハーフマラソン:1時間03分33秒(2016年)
マラソン:2時間09分29秒(2019年)

青学時代は一度も箱根駅伝を走ることはできず、同学年のエース神野大地の付き添い役だっとことも。

GMOアスリーツに進んでからフルマラソンで結果を出しはじめ、防府読売マラソン2016では川内優輝を抑えて優勝。

地元開催の別府大分毎日マラソン2019ではサブテンを達成し、青学OB初のMGC出場権を獲得しました。

エースの付き添いから、一躍オリンピック出場へ。

シンデレラストーリーに期待しています。

参考記事:
日刊スポーツ「神野の付き添い係『無名』橋本崚、青学大初のMGC」

今井正人(いまい まさと)【MGC出場】

所属:トヨタ自動車九州
大学:順天堂大学スポーツ健康科学部卒業
生年月日:1984年4月2日(35歳)
出身地:福島県の旗・福島県小高町(現・南相馬市)
身長:169cm
体重:55kg
自己ベスト
ハーフマラソン:1時間02分37秒(2005年)
マラソン:2時間07分39秒(2015年)

地元東北の声援を受けて優勝を目指します。

「初代山の神」であり、箱根駅伝の歴史に名を刻む選手。

「三代目山の神」神野大地との直接対決も注目です。

東京マラソン2019では日本人2位に入り、MGC出場権を獲得しました。

村山謙太(むらやま けんた)

所属:旭化成
生年月日:1993年2月23日(26歳)
生誕地:日本の旗 宮城県
身長:176cm
体重:55kg
自己ベスト
ハーフマラソン : 1時間00分50秒(2014年)
マラソン : 2時間09分50秒(2018年)

https://www.instagram.com/p/BYp9MkJBCVa/

世界陸上2015で10000mで日本代表となるなど、国内トップクラスのスピードを誇ります。

ハーフマラソン日本歴代5位の記録も持っています。

しかし、フルマラソンではなかなか結果を出せず、ついにMGC出場は叶いませんでした。

今大会では気持ちを切り替えて、その自慢のスピードを見せられるでしょうか。


その他、MGC資格保持者では中本健太郎(安川電機)、佐藤悠基(日清食品)、村澤明伸(日清食品)、竹ノ内佳樹(NTT西日本)、二岡康平(中電工)、野上恵子(十八銀行)、小原怜(天満屋)が出場予定。

前回大会優勝の松本稜(トヨタ自動車)も出場します。

見どころは?

見どころは、エース神野大地 VS. 付き添い橋本崚の直接対決です。

ぜひ、橋本崚には下剋上を果たしてほしいですね。

そのほかにも、MGC出場権を持つ有力選手が多数出場予定ですので、マラソンファン必見のレースとなりそうです。