富士山女子駅伝2019の優勝予想や注目選手、テレビ・ライブ配信は?※結果追記

12月30日、静岡県で富士山女子駅伝が開催されます。

コースの見所は、最終7区の長く厳しい上り坂。このコースで数々のドラマが生まれてきました。

今年は名城大が「2年連続2冠」を達成するかに注目が集まっています。

それでは富士山女子駅伝2019の放送予定、優勝予想をご紹介します。

放送予定

テレビ放送

12月29日(月) 9:50より、フジテレビ系列でに全国生中継されます。

また同じくフジテレビ系列にて、西村菜那子(NGT48)らが出演する事前番組「ボクらの襷の時代3」が12月29日(日) 午前5時10分~5時55分に放送されます。

ライブ配信

今のところライブ配信の予定はありません。

富士山女子駅伝2019の出場チーム

※12/29更新 区間エントリーが発表されました!
https://www.fujisan-joshiekiden.jp/press/press02.pdf

No.所属連盟⼤学名備考
1東海名城⼤学全⽇本⼤学⼥⼦駅伝上位12校
2関東⼤東⽂化⼤学全⽇本⼤学⼥⼦駅伝上位12校
3関⻄⽴命館⼤学全⽇本⼤学⼥⼦駅伝上位12校
4中国四国松⼭⼤学全⽇本⼤学⼥⼦駅伝上位12校
5関東⽇本体育⼤学全⽇本⼤学⼥⼦駅伝上位12校
6関東城⻄⼤学全⽇本⼤学⼥⼦駅伝上位12校
7関⻄⼤阪学院⼤学全⽇本⼤学⼥⼦駅伝上位12校
8関⻄関⻄⼤学全⽇本⼤学⼥⼦駅伝上位12校
9関⻄⼤阪芸術⼤学全⽇本⼤学⼥⼦駅伝上位12校
10関東東京農業⼤学全⽇本⼤学⼥⼦駅伝上位12校
11関東東洋⼤学全⽇本⼤学⼥⼦駅伝上位12校
12関⻄佛教⼤学全⽇本⼤学⼥⼦駅伝上位12校
13関東順天堂⼤学5,000m7名のチーム記録による10⼤学
14関⻄京都産業⼤学5,000m7名のチーム記録による10⼤学
15関東⽟川⼤学5,000m7名のチーム記録による10⼤学
16東北東北福祉⼤学5,000m7名のチーム記録による10⼤学
17九州福岡⼤学5,000m7名のチーム記録による10⼤学
18関東拓殖⼤学5,000m7名のチーム記録による10⼤学
19関⻄京都光華⼥⼦⼤学5,000m7名のチーム記録による10⼤学
20九州⿅屋体育⼤学5,000m7名のチーム記録による10⼤学
21関⻄神⼾学院⼤学5,000m7名のチーム記録による10⼤学
22関⻄関⻄外国語⼤学5,000m7名のチーム記録による10⼤学
23全⽇本⼤学選抜全国8地区学連からの
選抜チーム
24静岡県学⽣選抜2018⼤会より正式参加

富士山女子駅伝2019の優勝予想

参考:
2018年富士山女子駅伝のリザルト
2019年全日本女子大学駅伝のリザルト

優勝候補1:名城大学

2年連続の全日本→富士山2冠を目指します。

今年10月の全日本女子駅伝では、2位に2分半の差をつけて盤石の優勝を果たしました。チーム力は頭ひとつ抜けています。

髙松智美ムセンビ(2年)、加世田梨花(3年)、和田有菜(2年)という日本代表経験もある学生トップランナーは安定感バツグン。

さらに今年は1年生の調子が良く、全日本では山本有真(光ヶ丘女子出身)、荒井優奈(須磨学園出身)、小林成美(長野東出身)がいずれも素晴らしい走りで優勝に貢献しました。3人ともエース区間でなければ、区間賞を取る実力があります。

今シーズンはNIKEのプロモーションにも起用され、厚底のヴェイパーフライ着用者が増えるとみられます。

優勝候補2:大東文化大学

昨年の富士山では2位、今年の全日本でも2位と、名城の高い壁に跳ね返され続けています。

昨年、主要区間の5区と7区で区間賞を獲得した関谷夏希(4年)と鈴木優花(2年)が好調をキープしている上に、3000m障害のU20日本記録保持者である吉村玲美(白鵬女高)が加わり、戦力アップしています。

実は全日本でも、4区の秋山祐妃が脱水とみられる症状で大ブレーキを起こし、そこで名城に逆転を許したという経緯があります。そのハプニングがなければ、名城とアンカー勝負にまでもつれ込んでいたでしょう。

名城の壁は高いですが、優勝の可能性は十分にあります。

優勝候補3:立命館大学

美人エースの佐藤成葉(4年)がチームを引っ張ります。

佐藤は今年11月の東日本女子駅伝で、実業団選手や名城の小林成美らを抑えて区間賞を獲得しており、調子は良さそうです。

ただ、区間賞を取れるレベルの選手が佐藤しかおらず、優勝はかなり厳しいと予想されます。上位2校のハプニング待ちというのが正直なところでしょう…。

優勝候補4:全日本大学選抜

非常に珍しい「選抜チームの優勝」が見られるかもしれません。

昨年も序盤はトップを快走し、最終的に4位で走り抜きました。

今年も5000m自己ベスト15分台の選手を3人、16分台前半を4人揃え、個人の力は名城や大東文化にも引けをとりません。

特に、昨年2区の区間記録を樹立した中央大の五島莉乃は心強い存在です。

まとめ

優勝争いは名城と大東文化の2校に絞られていると言って間違いないでしょう。

また個人的には、NIKEの厚底シューズ「ヴェイパーフライ NEXT%」をどのくらいの選手が履くのかに注目しています。最近は女子でもNIKEを履く選手が増てきました。

【箱根駅伝2020】優勝予想と戦力分析

2019年12月14日

女子駅伝のかわいい美人ランナー15人【クイーンズ駅伝2019】

2019年11月15日

大学駅伝ランナーの「好きな女性有名人」一覧【箱根2020】

2019年10月24日

富士山女子駅伝2019の結果

>>>選手別の結果一覧はこちら

順位チーム名タイム
1名城大2゚23'09"
2大東文化大2゚24'25"
3全日本選抜2゚25'22"
4立命館大2゚25'45"
5城西大2゚26'16"
6京都産業大2゚27'27"
7日本体育大2゚27'38"
8大阪学院大2゚27'59"
9順天堂大2゚28'48"
10東洋大2゚28'54"
11松山大2゚29'02"
12東京農業大2゚29'07"
13鹿屋体育大2゚29'10"
14大阪芸術大2゚29'27"
15玉川大2゚30'02"
16佛教大2゚30'15"
17福岡大2゚30'39"
18関西大2゚31'59"
19拓殖大2゚33'16"
20神戸学院大2゚33'33"
21東北福大2゚33'44"
22京都光華女子大2゚34'37"
23関西外国語大2゚35'04"
24静岡県選抜2゚37'07"