クイーンズ駅伝2019の優勝予想や注目選手、結果速報も!

11月24日(日)、第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会 (クイーンズ駅伝)が仙台市で開催されます。

今年は東京オリンピックに内定した前田穂南(天満屋)と鈴木亜由子(日本郵政グループ)が出場予定で、注目が集まっています。

それでは今大会のテレビ・ライブ配信、出場チームや優勝予想、注目選手をご紹介します。

クイーンズ駅伝2019のテレビ・ライブ配信

テレビ放送

11月24日(日)ひる11:50より、TBS系列の全国ネットで生中継されます。

スタート時間は12時15分です。

ライブ配信

有料の動画配信サービス「Paravi」にて独占ライブ配信されます。

https://www.paravi.jp/title/49592

クイーンズ駅伝2019の出場チーム

前回8位以内のシードチーム

パナソニック20年連続31回目
天満屋28年連続28回目
ダイハツ12年連続29回目
ヤマダ電機11年連続14回目
ワコール20年連続27回目
豊田自動織機12年連続13回目
日本郵政グループ5年連続5回目
デンソー16年連続27回目

予選会から出場のチーム

積水化学11年連続21回目
九電工9年連続28回目
三井住友海上2年ぶり25回目
第一生命グループ21年連続24回目
ルートインホテルズ2年連続3回目
京セラ4年連続29回目
日立3年ぶり23回目
大塚製薬2年連続7回目
エディオン2年連続26回目
ユニバーサルエンターテインメント13年連続13回目
資生堂4年連続28回目
肥後銀行3年連続5回目
スターツ3年連続10回目
ユニクロ4年ぶり9回目

クイーンズ駅伝2019の優勝予想

注目している5つのチームをご紹介します。

注目チーム1:パナソニック

2連覇中の女王。史上4チーム目の3連覇を狙います。

今年の日本選手権10000mには森田香織渡邊菜々美堀優花の3名が出場するなど、選手層の厚さは健在です(森田がチーム最高の7位)。

注目チーム2:JP日本郵政グ ル ー プ

昨年は1区2区でつまずき、7位に沈みました。

注目すべきは、東京オリンピック出場を決めた鈴木亜由子。都道府県対抗駅伝では大逆転で愛知県を優勝に導く力の持ち主ですが、意外にもクイーンズ駅伝では区間賞に縁がありません。今年こそは、区間賞なるか。

そしてもう一つの注目が、スーパールーキーの廣中璃梨佳です。高卒1年目ながら、日本選手権5000mではなんと3位に入りました。同じくルーキーで、須磨学園のエースだった大西ひかりもオーダーに入れば面白い存在です。

注目チーム3:天満屋

9月のMGCで優勝した前田穂南に注目です。

マラソン女王の前田ですが、意外にも、クイーンズ駅伝では2018年は3区5位、2017年は5区6位と目立った成績は残せていません。ブレークした今年こそは、区間賞の走りに期待です。

その他、MGC出場の小原怜、酷暑のドーハ世界陸上で7位入賞した谷本観月もおり、話題性は十分。

ただ、レギュラーメンバーの西脇舞が今年退部したため、その大きな穴を若手が埋められるかがポイントです。

注目チーム4:ワコール

MGCに出場した福士加代子一山麻緒安藤友香の3選手に安定感があります。

安藤友香が今年からワコールに加入したため、昨年より戦力アップが見込めます。

注目チーム5:資生堂

木村友香ダンカン・メリッサが新加入し、確実に戦力アップしています。

木村は日本選手権5000mで優勝し、ドーハ世界陸上にも出場しました。今シーズンは爆発的なスパート力で、出場したレースのほとんどで1位を取っています。

オーストラリア出身のダンカンは中長距離を得意とする選手で、5000mでは木村と同等かそれ以上の力を持っています。

注目チーム6:積水化学

予選会のプリンセス駅伝で優勝し、クイーンズ駅伝への出場を決めました。

ここ数年のクイーンズ駅伝は10位前後に沈んでいますが、予選トップ通過の勢いに乗って、今年は8位以上のシード圏内を目指します。

佐藤早也伽森智香子など、美人ランナーが多い点も注目。

女子駅伝のかわいい美人ランナー15人【クイーンズ駅伝2019】

2019年11月15日

優勝予想は?

スピードランナーが多く、層の厚いパナソニックと廣中が加わった日本郵政の一騎討ちになると予想します!

参考:昨年の順位

【クイーンズ駅伝2018 結果】
(1)パナソニック 2時間15分22秒
(2)天満屋 2時間16分19秒
(3)ダイハツ 2時間16分32秒
(4)ヤマダ電機 2時間16分35秒
(5)ワコール 2時間16分52秒
(6)豊田自動織機 2時間16分53秒
(7)日本郵政グループ 2時間16分53秒
(8)デンソー 2時間16分57秒
(9)資生堂 2時間19分6秒
(10)積水化学 2時間19分18秒
(11)ユニバーサル 2時間19分21秒
(12)第一生命 2時間19分22秒
(13)京セラ 2時間20分21秒
(14)ルートインホテルズ 2時間20分41秒
(15)スターツ 2時間20分58秒
(16)エディオン 2時間21分4秒
(17)肥後銀行 2時間21分37秒
(18)シスメックス 2時間21分39秒
(19)ホクレン 2時間21分53秒
(20)大塚製薬 2時間22分43秒
(21)鹿児島銀行 2時間23分4秒
 棄権 九電工

>>>選手別の総合結果はこちら

女子駅伝のかわいい美人ランナー15人【クイーンズ駅伝2019】

2019年11月15日

全国高校駅伝2019の出場校や優勝予想、テレビ・ライブ配信は?

2019年11月3日

【2019】防水・防寒のランニングシューズのおすすめは?選び方は?

2019年10月30日

クイーンズ駅伝2019の結果

>>選手別の総合結果はこちら

順位チーム名タイム
1JP日本郵政グループ2:15:10
2ダイハツ2:15:15
3パナソニック2:15:21
4天満屋2:15:38
5ワコール2:16:07
6三井住友海上2:16:14
7デンソー2:16:31
8豊田自動織機2:16:34
9積水化学2:17:37
10エディオン2:17:38
11第一生命グループ2:17:44
12資生堂2:17:48
13ヤマダ電機2:18:08
14九電工2:18:54
15京セラ2:19:21
16ユニバーサルエンターテインメント2:19:32
17日立2:20:36
18ルートインホテルズ2:21:06
19肥後銀行2:21:10
20大塚製薬2:21:20
21スターツ2:23:10
22ユニクロ2:23:20