ユニバーシアード(2019/ナポリ)の出場選手やライブ配信、スタート時間は?【陸上長距離】

7月8~13日、第30回ユニバーシアード競技大会がイタリアのナポリで開催されます。

ユニバーシアードは、2年ごとに開催される大学生アスリートのための世界的祭典。陸上競技からは、男女41名が日本代表としてナポリに派遣されます。

長距離種目では、相澤晃、西山和弥という東洋大学のエースが出場予定。大学駅伝ファンにとっても要チェックの大会といえるでしょう。

今回は、みなさんが気になるであろうライブ配信の有無やスタート時間、出場選手・注目選手についてまとめてみました。

ユニバーシアード(2019/ナポリ)の結果速報

7/09 18:25 3000m障害 予選
→阪口竜平(東海大学)1組1位 8分49秒50 ★決勝進出

7/10 03:50 10000m男子 決勝
→阿部弘輝(明治大学)2位 29分30秒01
→西山和弥(東洋大学)8位 30分10秒65

7/11 19:20 5000m男子 予選1組
→館澤亨次(東海大学)1組1位 14分19秒84 ★決勝進出

7/13 02:00 3000m障害 決勝
→阪口竜平(東海大学) 6位 8分41秒64

7/13 14:20 ハーフマラソン男子 決勝
→相澤 晃(東洋大学)1位 1時間5分15秒
→中村大聖(駒澤大学)2位 1時間5分27秒
→伊藤達彦(東京国際大学) 3位 1時間5分48秒

7/14 02:40 5000m 決勝
→ 館澤亨次(東海大学) 6位 14分16秒63

リザルトの詳細は公式サイトより。
https://results.universiade2019napoli.it/#/athletic

ユニバーシアード(2019/ナポリ)のスタート時間

男子・長距離種目のスタート時間は下記です。

【日本時間】
7/09 18:25 3000m障害 予選
7/10 03:50 10000m男子 決勝
7/11 19:20 5000m男子 予選1組
7/11 19:45 5000m男子 予選2組
7/13 02:00 3000m障害 決勝
7/13 14:20 ハーフマラソン男子 決勝
7/14 02:40 5000m 決勝

>>>全種目のスケジュールはこちら

ユニバーシアード(2019/ナポリ)のライブ配信

FISU(国際大学スポーツ連盟)のサイトにて、ライブ配信があるようです。
会員登録が必要となります。

>>>FISUサイトはこちら

ユニバーシアード(2019/ナポリ)の出場選手

男子・長距離の出場選手一覧

館澤亨次(東海大学):1500m、5000m
阿部弘輝(明治大学):5000m、10000m
西山和弥(東洋大学):10000m
相澤 晃(東洋大学):ハーフマラソン
中村大聖(駒澤大学):ハーフマラソン
伊藤達彦(東国大学):ハーフマラソン
阪口竜平(東海大学):3000m障害

>>>各国の出場選手一覧はこちら

男子・長距離の出場選手プロフィール

館澤亨次(東海大学):1500m、5000m

所属/学年東海大学/4年 
 生年月日1997年5月16日 
 種目男子1500m、5000m 
 自己最高記録3分40秒49
(2018年5月20日/ ゴールデングランプリ大阪大会)
13分48秒89 
(2016年7月11日/ ホクレンディスタンスチャレンジ第3戦(網走)) 
 出身地神奈川 
 出身高校埼玉栄高校(埼玉) 

箱根駅伝2019で優勝した東海大学のキャプテンを務めています。

日本選手権1500mで、2017年、2018年と連覇した、日本トップの選手です。ただし、日本選手権2019ではまさかの9位に沈みました。ユニバーシアードで悔しさを晴らしたいところ。

阿部弘輝(明治大学):5000m、10000m

所属/学年明治大学/4年 
 生年月日1997年11月19日 
 種目男子5000m、10000m 
 自己最高記録13分42秒46
(2017年12月3日/ 第261回日本体育大学長距離競技会)
27分56秒45 
(2018年11月24日/八王子ロングディスタンス ) 
 出身地福島 
 出身高校学法石川高校(福島) 

10000mの自己ベストは驚異の27分台(学生歴代13位)。

2019年6月の全日本大学駅伝 関東地区選考会ではダントツの組1位に輝き、チームのエースとしての役割を果たしました。

西山和弥(東洋大学):10000m

所属/学年東洋大学/3年 
 生年月日1998年11月5日 
 種目男子10000m 
 自己最高記録28分35秒72
(2018年6月24日/ 第102回日本陸上競技選手権) 
 出身地大阪 
 出身高校東京農業大学第二高校(群馬) 

2018年の日本選手権10000mでは4位に入りました。箱根駅伝でも2018、2019と2年連続で1区区間賞を取っています。

3年になってからは目立った成績は残せていない印象ですが、ユニバーシアードでがんばってほしいです。

相澤晃(東洋大学):ハーフマラソン

所属/学年東洋大学/4年 
 生年月日1997年7月18日 
 種目男子ハーフマラソン 
 自己最高記録1時間1分45秒 
(2019年3月10日/第22回日本学生ハーフマラソン選手権大会 ) 
 出身地福島 
 出身高校学法石川高校(福島)

2019年の日本選手権では5000mで5位、10000mで4位とともに入賞し、日本長距離界のトップクラスであると証明しました。

箱根駅伝2019では4区で驚異の区間新記録を樹立。

学生ナンバーワンの実力と言われています。

中村大聖(駒澤大学):ハーフマラソン

所属/学年駒澤大学/4年 
 生年月日1998年3月28日 
 種目男子ハーフマラソン 
 自己最高記録1時間1分51秒
(2019年3月10日/第22回日本学生ハーフマラソン選手権 ) 
 出身地埼玉 
 出身高校埼玉栄高校(埼玉)

今年5月の関東インカレ10000m 2部では日本人2位に入り、好調です。

伊藤達彦(東国大学):ハーフマラソン

所属/学年東京国際大学/4年 
 生年月日1998年3月23日 
 種目男子ハーフマラソン 
 自己最高記録1時間1分52秒
(2019年3月10日/ 第22回日本学生ハーフマラソン選手権) 
 出身地静岡 
 出身高校浜松商業高校(静岡) 

今年6月の全日本大学駅伝 関東地区選考会では、エースが集う第4組で日本人3位に入り、東京国際大のトップ通過に貢献しました。

阪口竜平(東海大学):3000m障害

所属/学年東海大学/4年 
 生年月日1997年4月5日 
 種目男子3000mSC 
 自己最高記録8分37秒48
(2019年4月21日/ 第67回兵庫リレーカーニバル) 
 出身地京都 
 出身高校洛南高校(京都) 

今年6月の日本選手権3000m障害では、あの塩尻和也(富士通)との激戦を制し、優勝しました。

まとめ

ユニバーシアード2017/台北では、ハーフマラソンで片西景( JR東日本)、工藤有生(コニカミノルタ)、鈴木健吾(富士通) が表彰台を独占するなど、日本の長距離選手が大活躍しました。

今年も相澤晃という学生トップ選手が出場するため、金メダルもありえるかもしれません。

大学駅伝のシーズンも近づいてきましたので、ぜひ大学生たちの走りに注目しましょう!

MGCの優勝候補・注目選手は誰?【ファイナリストのレース結果一覧も】

2019年5月19日

MGCファイナリストの出身大学/出身地ランキング!青学vs東洋OB対決の軍配は?

2019年5月3日

MGCファイナリストのイケメン&美人ランキングTOP5を発表【推しメンを決めよう】

2019年4月29日